【天空の城ラピュタ】シェムリアップ、アンコールワットだけじゃない。ベンメリア遺跡を訪れて

スポンサーリンク

シェムリアップ
バックパッカーでもツアー旅行者でも、カンボジアを観光に来る多くの人が訪れる街です。

彼らの目的はアンコールワット
しかしシェリムアップ周辺には実はアンコールワット以外にもオススメできるスポットがあります。
今回はそんなポイントの一つ、ベンメリア遺跡を紹介します。

天空の城ラピュタのようだと言われるベンメリア遺跡

ベンメリア遺跡はアンコール遺跡群の一つで、全貌が明らかになればアンコールワットも凌ぐ規模なんて話もあるほど大きな遺跡の一つ。
f:id:Yuta-kon61:20170106143003j:plain
(Cambodia Beng Mealia ,G7)
綺麗に整備され、ほとんど修復されているアンコールワットと違い、自然や時の流れから受けた影響もそのままの形で残しているところが特徴。それがまるで天空の城ラピュタのようだ、と訪れた人に評判になってるんです。

ベンメリア遺跡とは

森の中にある遺跡は戦争による破壊と、森林による浸食によって大きな影響を受けています。
それが全体的に綺麗に修復され、観光地化が整っているアンコールワットとは違う歴史の中で忘れられた遺跡感、自然に飲み込まれた廃墟感を醸し出していて、人によってはたまらない雰囲気なはず。

まるでラピュタ

f:id:Yuta-kon61:20170106143828j:plain
(Cambodia Beng Mealia ,G7)
森の中にポツンと存在氏、苔むした遺跡の破片の間から木が飛び出し、木に遺跡が飲まれている。
あまりに非現実適なその光景であたかも物語の世界に迷いこんだよう。
ジブリ映画「天空の城ラピュタ」のようだと考える人がいるのも、納得できる話です

ラピュタのモデル?

観光地化されててラピュタのモデルだと言われたりする場所では、オーストラリアのケアンズにあるパロネラパークというところが挙げられたりしますが、比較的近代の人が城に憧れて作ったあちらとは違い、こちらは本物の遺跡。
歴史的に言えば、アンコールワットの計画段階で試験的に作られたなんて話もあって、歴史の重みも感じさせてくれます。

入場料はかかるの?

f:id:Yuta-kon61:20170106185537j:plain
ベンメリア遺跡の入場には5ドルのチケットの購入が必要です。
遺跡の少し手間にあるこの建物で、ベンメリアで購入する。

ベンメリアへのアクセス

f:id:Yuta-kon61:20170105220359p:plain
ベンメリア遺跡はシェムリアップから70キロほど走ったところにある森の中にあります。
行き方としては、バスなどは出ていないのでツアーに参加するか自前で乗り物を手配しなければいけません。

トゥクトゥクで行く

f:id:Yuta-kon61:20170106161403p:plain
一番お手軽なのはトゥクトゥクを手配すること。
距離的にはシェリムアップからそれなりに離れているこちらの遺跡ではありますが、トゥクトゥクなら大体20ドル以下で乗れます。おそらく最初は40ドルとか言ってくると思いますが、普通に半分以下の値段を提案して、向こうが拒否するようなら、その場を立ち去ろうとすればほぼ確実に向こうから呼び止めてきます。最初からいい値では払わないようにしてください。

バイクをレンタルする

もう一つの手段は自分でバイクを運転すること。シェリムアップだとバイクは1日レンタルで15ドル程度ですし、自分で運転するために時間を気にせず見て回れるのがいいところです。
GoogleMapや地図アプリのMapsMEでもちゃんと案内してくれますので、運転に自信がある人ならば一番の利く手段になります。ただ道は結構ほこりっぽいので、マスクは必須です。

まとめ

シェムリアップ郊外にあるベンメリア遺跡は、観光地化が著しく入場費用も高いアンコールワットとはまた違うカンボジアの表情を見せてくれます。
f:id:Yuta-kon61:20170106185915j:plain

森に遺跡が飲み込まれ、過ぎ去った歴史と自然が調和した様子を感じさせるその雰囲気は、まさにラピュタ
アンコールワットの中にあるTe Promなどを気に入った人であれば間違いなく楽しめる遺跡でしょう。

アンコールワットは素晴らしい遺跡ですが、人の多さに辟易してしまうことも多いはず。
訪れる人も少なく、不思議な雰囲気の中に浸れることのできるベンメリア遺跡。
シェリムアップに来たならば、ぜひ訪れてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です