ベトナムで1500円の偽物ノースフェイスを買ったら、案外良くて困惑した話

スポンサーリンク

懺悔します。

私ゆーとは偽物と知りながら、ベトナムでノースフェイスを買いました。

いやね、ほらむっちゃ寒かったんです。東南アジアなら暑いだろうという大方の予想に反し、ベトナム北部の冬は時に雪が振るほど気温が下がることがあります。

その日、ベトナム北部の観光の町、サパは9度にまで落ち込みました。

だって東南アジアの国、ベトナムです。誰が寒いと予想するでしょう?自分の格好は完全に熱帯東南アジア仕様の短パンにサンダル履きのままだったのです。

霧のような雨の中を歩いていると、一応長袖を着ている上半身はまだいいとして、ほぼむき出しになってる膝下に関しては、雨が直撃してて超寒い。ついでに欧州旅行者たちの視線も超痛い。ほっとけよ、なんでダウン着てんねん。あんたら寒さに強いんちゃうんか。Tシャツでニセコうろつくんちゃうんけ。

かくして飛び込んだアウトドアショップ。そこで僕の目に目に入ったのは、大量のノースフェイス、ノースフェイス、ノースフェイスの山だったのでした。

東南アジアに来たことある人ならマーケットなどで見たことがあるかもしれない、が東南アジア名物の偽ノースフェイス祭り。タイからカンボジア、ラオスまで、どこのマーケットに行っても見かけることがあります。もちろん、ベトナムだって例外ではありません。

これまで東南アジアでノースフェイスを見かけても偽物だってわかっていますから、今までならば、最初から「偽物だ」とわかっているわけですから、買うどころか店に入って商品を見ることすらしたことがありませんでした。

しかし今日は違った。悪魔が囁いたのである。

悪魔
「偽物じゃダメなんですか?」

 そうみなさま、私は悪魔の誘惑に屈したのであります

Contents

ノースフェイスって何?

「てかノースフェイスってなによ?」

 って人もいるかもしんないので、一応解説しておこう。ノースフェイスはアメリカのアウトドアメーカー。 高い。ジャケット一着で三万とかする。高い。

まぁ、アウトドア用品。特にアメリカから来てるアウトドア用品ってのは、日本では高い。

例えばコールマンなんてカナダとかじゃホムセンの向けの商品で、ウォルマートとかでその日使うためだけ買ったりする。

ノースフェイスは北米でもそこそこ高い

ただ対するノースフェイスは日本よりはちょっと安いとはいえ、アメリカでもそこそこなお値段します。

ウインドブレーカー系で130ドルくらいから、高い物は700ドルくらいするような、 まぁそんな価格で売っても売れちゃうような有名メーカーなわけです。

東南アジアで流通するノースフェイスは偽物なの?

タイでも、カンボジアでもラオスでも…下手をすればシンガポールのチャイナタウンででもですが、東南アジアに来たことのある人ならば、一度はマーケットに大量にひしめく山盛りの偽物を見たことがあることがあるかもしれません。

ジッポプラダアルマーニ。偽物が溢れすぎているために、大型の店で扱っていたとしても、扱っている商品が本物なのか疑ってしまうほどです。

フェイクを取り扱うのは露天ばかりではない。

サパの偽ノースフェイスを扱う店舗

 大通り沿いでも偽ノースフェイス

偽ノースフェイスもそんな他の偽商品と並んで、 大量に売られている偽商品の一つです。

しかもベトナムでは、そんな偽ノースフェイスが平気な顔して大通り沿いで売られてたりするのがカオスなところ。

特にベトナムのハノイで観光客が集まる旧市街には、大量の衣服を扱うエリアがあったりしますが、そのエリアには偽ノースフェイスを扱う店が集まった一角があったりします。カオス。

 なんで本物じゃないってわかるの?

では、なぜ本物じゃない正規品じゃないかとわかるのか。

見分けかたなんていうのも、あるにはあるのですがそれ以前にわかりやすいのは、彼らの扱いが雑だからです。

暑に扱われる偽ノースフェイス

例えば偽物のノースフェイスを扱う店を覗くと、お店のなかにこんな風にダウンジャケットが山積みになってたりします。

f:id:Yuta-kon61:20170117111142j:plain

実際にあったことですが「なんか獣クセーな」と思っていたら同じ部屋で鶏飼ってたなんてことがあります。

いやないでしょ、ありえない。日本でのノースフェイスのダウンジャケットなら3万円はするでしょう。

3万円といえば、下手をすればベトナム人の月収に相当するほどの金額です。

それこそフォー(ベトナムの麺料理)であれば200杯は食えてしまう。

日本でラーメン200杯食べたら、それこそ新しいMac Bookが買えてしまう 。本物だったらそんな雑には扱わないでしょ?絶対。

偽物だってわかって売っている

だから売ってる側は、当然偽物だってわかってて売っています。

コピー大国と言えば、中国が有名ではありますが東南アジアでもこうしたブランドなどに関する意識は低いです。

ベトナムなどの遊園地に行けば、普通にミッキーマウスの着ぐるみが歩いていたりするのです。

偽ノースフェイスのメッカ。サパ

さて、今回偽物のノースフェイスを買うと決めたサパは、ベトナム北部、中国国境に近い山岳地帯の町。別名ベトナムの軽井沢なんて呼ばれる観光客の町です。

もともとは植民地時代にフランス人の保養地として発達した町で、今では多くの外国人旅行者やお金持ちのベトナム人が避暑に訪れる場所となっています。

自然が豊富で…山歩きや少数民族巡りなど、アウトドア系以外にすることがない山の上の町ですから、自然と偽物ノースフェイスのメッカのような地域になっていったのでしょう。

偽物はどこで売ってる?

大概観光地であれば最低1件程度は偽ノースフェイスの店があります。

サパの場合、偽ノースフェイスを扱う店は下記の場所に集中していました。

町の中心部である教会や広場がある地区から少し南東のエリア。赤い線を引いた観光地向けのレストランやホテルが密集しているあたりに、偽物ノースフェイスを扱う店も集まっています。めちゃくちゃ堂々と売っているわけですが、正規品を扱ってる店は一つもありません。すごい。

偽物を買った時の流れ

今までの自分だったら「こんな大々的に偽物売りやがってウゼー。商売人としての誇りはないのか!」

と勝手に憤ったりしてた自分ではありますが、悪魔に魂を売って「偽物だっていいじゃん」モードになった僕はそんな風には思えませんでした。

なぜって?

考えてみればこんなに交渉に有利な条件はないですものね。

あっちはパチモン売ってて、こっちはそれを知ってる。しかも似たようなお店を扱うお店はいくらでもあるわけです。

ベトナム人商品は儲けは少なくとも、とにかく0よりマシ。と考えることが多いです。

こうした条件をうまく使えば、こっちの買いたい額を相手に飲ませるだけの簡単なお仕事になるになるだろう、と考えたわけです。

いざ交渉へ

勝利への確信に高鳴る気持ちを隠して、まず一軒のお店に入りました。偽ノースフェイスの表面をなでたり、縫製を弄ったりしていると、のそのそと店員が出てきました。

怪しい物売り
ヤァ、お客さん。お目が高い!どうですこちらのジャケットは、お買い得ですぜ

彼が持っているのはゴアテックスマークの付いたジャケット。はなっからニヤニヤしてます。もうバカな旅行者を取って喰ってやった気満々でいるんでしょう。

ゆーと
へー、なかなかいいじゃない。いくら?

怪しい物売り
]80万ドンにしときますぜ!

ゆーと
80万!?

いきなりやすい提示価格

思わずずっこけた。桁が多いので高そうに聞こえるけど、80万ベトナムドンといえば4000円くらいのものだです。

本物だったら2万切ることはまずない…日本なら6万くらい行くことだってあるはずだから安すぎだ。もう本物だと騙るつもりもないのかも。

後からわかったことだが、東南アジアのフェイク商品の提示価格は、本物だとすれば「安すぎる」し、偽物ならば「高すぎる」値段で提示してくるのが普通です。

あまりに安すぎなので、普通は「怪しい」と思いそうなものだけど、「さすが東南アジア!なんでも安いじゃな〜い!」と提示価格で飲んでしまう人が一定数いるのでしょう。日本人いいカモ。だから日本語店員がいるんだろうな。

商売の前には親日とか関係ない。それもまたベトナム人。

なぜベトナムは親日なのか?旅してわかったベトナムと日本

2017.01.22

ちなみにこれ正規品の場合。

ノースフェイスは一旦本国に持ち込んで、再輸入という形をとるらしいので、アメリカの販売価格より高くなるはず。

東南アジアでの提示価格は最低2倍

怪しい物売り
いや、でもね。お客さん!この商品ね。水もバッチリ弾くんですよ。ほら見てくださいよ!

僕が「高い」と感じたと思ったのかすかさず、店員はすかさず売り込みをかけてくる。防水性の証明をするというやいなや、いきなりペットボトルの水を商品のジャケットにぶち撒けた。

その行動にもびっくりするが、きっちり水を弾くジャケットにも2度ビックリ。本物じゃないにしても防水性能は本当についている、らしい。

完全防水のジャケットで4000円ならお得‼︎偽物じゃなければね

ニセモノ云々は別にしても、完全防水のジャケットならで4000円なら、それほど悪くない価格ではある。

…いやいや、騙されてはいけない!東南アジアの交渉セオリーに当てはめると、東南アジアでは最初の提示価格は2~10倍程度になる。4000円と言う金額も、ノースフェイスなら本物と比較するから安く感じるわけで、偽物であるなら比較対象はベトナム人の一般人が買う防寒具の値段だ。

というわけで購入する金額は相手に提示金額80万ドンから50万ドン引いた30万ドン(1500円程度)と見積もる。ベトナムならこのくらいの金額で、そこそこ質のいい防寒具が変えるはずだ。

交渉開始

ゆーと
高いよ、まけてよ

怪しい物売り
 無茶言わないでくださいよ〜!じゃあ特別に70万ドンにまけときますよ〜!お客さんだけですよ〜?

ゆーと
いや〜、まだ高いな〜

怪しい物売り
そんな〜。じゃあ旦那。いくらなら出せるか言ってくださいよ〜!

提示価格は安めを言うべし

東南アジアで交渉が少し長引くと必ず出てくるのが、この「言い値」です。

こちらに値段を提示させて、「その値段なら買うと言っただろ!さぁ買え!」と迫るためにやるわけですね。

注意点は一つ。

向こうはこちらが提示した金額よりさらに高い値段で買わせようとしてきますし、自分の提示した金額からさらに下げるのも、あまりいいとは言えないでしょう。

つまりこちらが提示する金額は、自分が最終的に買ってもいい価格より、さらに低い金額を提示する必要があるわけです。

ゆーと
20万ドン。

怪しい物売り
そんなー、旦那勘弁してくださいよー。うーん、じゃあ50万ドンでいかがです??

相手の反応を読むべし

注意点その2。金額を提示した時は相手の表情を見るべし!

安い金額を提示された場合の相手の反応っていうのは様々ですが、あまりに安すぎる場合は向こうが機嫌を損ねてしまい交渉を打ち切られてしまう。ただの冷やかしと見なされることがあります。

例えば今回の場合、10万ドンとか言っちゃうと、さすがに交渉継続は厳しいかもしれません。

でも交渉中止とならずに、最初の提示価格よりさらに下げた金額を提示してくるなら、そこまでむちゃくちゃに安いってわけでもありません。つまりさらに値引きが可能なのです。

ゆーと
いや、まだ高いでしょ。22万でどうよ?

怪しい物売り
うーん、40万!これがファイナルプライスですぜ!

ファイナルプライスはファイナルじゃない

注意点その3。ファイナルプライスは全然ファイナルじゃない。

相手が言う最初の「ファイナルオファー」は、そこからさらに一段階下がるものと見てもいいでしょう。

まぁ、もしそれが本当にファイナルオファーで、さらに値下げをした場合に交渉を打ち切られたとしても、同じものを扱っている店は山ほどあります。別にその店にこだわる必要はありません。もっと交渉しやすい別の店に行きましょう。

最終オファーという提案は、大概、交渉の手動権を取り返そうとする手段にすぎません。だがここで彼はミスを犯した!言ってはならない言葉を口にしたのです。

怪しい物売り
ほら、お客さん。ノースフェイスのゴアテックスが40万ドン(2000円)ですよ!お値打ちじゃないですか〜!

f:id:Yuta-kon61:20170221174358p:plain

ゆーと
でも、これニセモノじゃん。

かなちゃん
………。

否定も肯定もなし。というか沈黙は肯定と取って構わんな?まぁ最初からわかったことだけど。

ゆーと
本物がこんな値段で買えるわけないじゃん。25万ね。

怪しい物売り
…30万でどうでしょうか。

ここで一応最後の技を紹介しておきましょう。

最後の最後に値段を確定させる方法としては、先ほど言った「じゃ、別の店行くわ」作戦が最も有効です。

ここまで買うという意思を示した後でなら、十中八九乗ってきます。安く売るか、0になるかなら確実に安く売る方を選ぶのが東南アジア商人なのです

気の迷い。30万ドンでお買い上げ

というわけで、こりゃもう25万で買えるな。と確信したのだけど、ふと視界の端に子供の姿が目に入った。店の奥の方で食事を取っていた店主の子供たちがこちらの様子をうかがっていたのだ。うーん…さすがにこれ以上は可哀想かな。

ゆーと
じゃあ、いいよ30万ドンで

というわけで30万ドン(1500円)でジャケットをお買い上げ。

怪しい物売り
ありがとうございやす!もうこれね格安ですよ!新年割引ですよ!

一応自分の提示額が通ったとこで店員さんもニッコニコ。

f:id:Yuta-kon61:20170117100631j:plain ヴィンランド・サガ(18) (アフタヌーンKC)

交渉はお互い気持ちよくなれる価格で終ろう

レイフ先生の言う通り。やっぱりお互い気持ちよくなれる金額で交渉をしないとね。

実際に購入した品々

その後いくつかの店を回って、トレッキングブーツ。ウォータープルーフのズボンも購入。それぞれ35万ドンと25万ドン。日本円に直すといずれも2000円以下だった。

トレッキングシューズ1500円

f:id:Yuta-kon61:20170117005216j:plain

こちらがそのブーツ。偽物ではあるが、縫製もしっかりしていて防水性もある。

f:id:Yuta-kon61:20170117005437j:plain

タグまで付いているという凝りよう。ちなみに日本語の翻訳まで再現されてました。

その労力を別の方向に向けてほしい

f:id:Yuta-kon61:20170117005538j:plain

 GORE-TEXの文字が躍る。本物と同じものかどうかはわからないけれど、防水性はきっちりとある。

 ジャケットも購入

WIND STOPERのタグがついたジャケット。外側は防水性。ウインドブレーカーの親分みたいな感じ。

f:id:Yuta-kon61:20170117005844j:plain

使い心地はどうか

結論から言うと正直かなりいい。

まだ長期で使っていないから耐久性とかは言えないのだけれど、縫製とかもしっかりしているし、防水性とかもちゃんとある。認めたくないけれど、正直悪くない。

僕はカナダの雪中サバイバルを行ってみたり、ニュージーランドでキャンプ暮らしをしたり、と。他の人と比べてもそれなりにアウトドアの経験は豊富だと思っている。

-20度の中、ダメなもの身につけてればいれば下手すりゃ死ぬわけで、結構アウトドア系の装備にはこだわってきたほうだとおもっています。

それでも…その経験から使って考えても、正規品と違いが感じられないものがあったりする。

めっちゃ安い

例えばトレッキングブーツ。

これは1500円になったけど、日本で1500円ではこの質のブーツはまず買えない。

現実問題として、昔オーストラリアのホームセンターで購入した無名メーカーの40ドル(3500円)のトレッキングシューズと比べても明らかに性能がいい。

本物か偽物か別にして満足か?満足だ

本物か偽物かを抜きにして、ものとして満足かどうかで言われれば「満足」として答えるしかない。

個人的な意見で言えば、偽物のタグがついていないノンブランドのアウトドア用品として売ってくれれよ。と思うそうすれば買うのに。抵抗感はなくなるのになぁと思うくらい。

本物のノースフェイスもベトナム製がある?

ていうか、なんでこんなことが起こるのさ。

といろいろ調べていると面白いことがわかりました。

なんと本物のノースフェイスもベトナムで作っているものがあるらしい。いや、全部かどうかは知らないけれど、ブーツとかはそう。バックパックなんかもそう。

日本で扱っているノースフェイスは中国製だったりするみたいだし、ライセンスの関係で生産してる国が違ったりもするみたいだけど、ベトナムで作ってるものも確かにあるらしい。

本物ならば再輸入品…つまり高いはず

でも、さっき言ったように正規品ならもっと高い。だから工場があるから正規ルートでいいものを売ってるわけじゃないはずです。

ベトナムでも米国本社を通した正規品を手に入れようと思うなら、一度輸出したものを、再輸入する形になるわけですからね。

ヘンテコな話だが、つまりは本物…というか正規品ならアメリカでの販売価格より高くなきゃおかしい。

いい偽物と悪い偽物

その後サパやハノイでいくつか店を回ってみると、偽物の中にも、いい偽物悪い偽物があるということが見えてきました。

f:id:Yuta-kon61:20170221173405j:plain

いいと言っても善悪の話ではなくて、質の問題です。絶対に正規品じゃないから。

例えば同じダウンジャケットでも、明らかにゴワゴワで、中に羽毛じゃなて化繊が入ってるのが丸わかりなのがあるかと思えば、触り心地も遜色なくて、ホログラムシールまでついてるようなものもある。

偽物の中に本物が混じっている仮説

そこから僕は、いくつかこんな仮説を立てました。おそらく東南アジアの偽ノースフェイスはこんな感じで三つに分かれているのではないか、というものです。

  1. 本物の工場で働いていた人が、偽物の工場を立ち上げた
  2. 中国から回ってくる粗悪な偽物
  3. 本物の工場からの横流し

本物の工場のノウハウを流用

本物の工場で働いていた人なら、どんな機械を使ってどんな縫製をして、どんな素材を仕入れているのか知っている人間もいるだろう。本物を縫っていた人で、やめた人だってたくさんいるはずです。

同じ材料を仕入れて、同じ型紙を使って、本物を塗っていた人達が作る。

これはモノとして本物と近いものができるはず。触ってみて違いがわからないけど、ちょっと違う、なんてのはこんなやつなのではないか。つまり質のいい偽物。

ていうかこの辺はもう細部を変えてノンブランドかパロディ商品として売り出して欲しい。買うから。

中国からの回ってくるもの

f:id:Yuta-kon61:20170117121226j:plain

もう一つが偽物大国中国の偽物。

偽ノースフェイスの中も出来の悪いもの。特にダウンジャケットを騙っているのに、中に入っているのが羽毛じゃなくて綿だったりするものは、中国とかから見た目だけ似せた文字通りの偽物なのでしょう。

本物の工場からの横流し品説

そして最後の可能性が本物の工場からの横流しされましたよ、説だ。

破棄される予定の商品が流れてきたよ仮説

例えば本物のノースフェイスの場合、縫製ミスなど、本社の基準に満たない商品はマークを入れずに廃棄される運命にあります。

高級品でしたら工場基準はきびしい。縫製時のわずかな糸のもつれなど、わずかなミスでラインから落とされる商品があるはずです。これは本来破棄されるべきもの…でもこれを工場で働いている人が「ちょっとこずかい稼ぎ」と持ち出したら?

本物の工場から横流しされたものに、偽のロゴをつけたら…それはもう質の上では本物と変わりが感じられませんよね。

「本物」とはなんなのか

ちょっとした思いつきから買ってみた偽ノースフェイス。

価格から見て正規品ではないのだけれど、安ーく変えて、偽物だ本物だなどと考えないのならば、それなりにものは悪くないという意外な結論になってしまった。

おかしい。元々は、やっぱり偽物は粗悪品だったよ!みんな本物を買おうね!

という結論にする予定だったのですが、何が起こるかわからないものです。

ただオシャレさんでも富豪でもなく、靴や服は消耗品でしかない自分の立場から言えば、この質の服がこんな値段で 変えちゃうのはありがたい。

あとはモラルの問題。正直メーカー名なしでノンブランドで売られているのならばもっと買いやすい。でしょう。

ベトナムで売られているノースフェイス。あなたが見ているノースフェイスが本物か偽物かはわからない。でも本物ってなんだろう?値段ってなんなんだろう?

そんな風に考えてしまう経験だった。

補足
写真の怪しい商人さんの画像にはLIGさんのパプリックドメインおじさん画像にあったツベルクリン良平さんの画像を使わせてもいただきました。キャラ定まってないとか書かれてましたが、顔立ちが整っているのに怪しい感じがバッチりでした(褒めている)ありがとうございます。 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です