ベトナムのお金「ドン」に関わる疑問を全部解決!旅行前に知りたい防犯対策

ベトナムドンは10種類が流通している

スポンサーリンク

海外旅行に行く時、一番不安なのはお金の問題ですよね。

国によって通貨も、習慣も違います。その国の通貨感覚がわからないまま渡航してぼったくられた!なんていうのは東南アジアではよく聞く話。渡航する前には十分に準備して期待ところ。

特にベトナムの通貨ベトナムドンはこれが深刻です。これはベトナムドンはとにかく桁が多くてわかりにくい!から。

屋台で食事をすれば 2万と言われ、1万円を両替すればなんと

2000000(二百万)という額の紙幣が渡されてしまいます

こうなると、もう。数字がでかすぎてわけわからないですよね?

そんなわけでこの記事では

  • ベトナムドンとはどんな通貨なのか
  • ベトナムドンを使う時の注意点

をお話して

  • ベトナムドンを準備する方法

についても解説していきます。

ベトナムの通貨「ドン」とは

さて現在ベトナムで使われているのはDong(ドン)という通貨です。

東南アジア、例えばカンボジアのようにアメリカドルが流通していところもありますが、ベトナムではドルでの支払いはそれほどメジャーではなく、一般のお店で使われることはあまりありません。

ただ一部の観光地では外国人からはドルでの支払いを受け入れていて、ドルでの料金表示をしているところもあったりします。

日本円とベトナムドンを比較すると、だいたい1円が200ドンくらい。現地でよく使う紙幣で言うと1万ドンで大体50円くらいといったところ。

ベトナムは現金文化。一部のホテルやホステル、レストランなどではクレジットカードの支払いを受け入れているところもありますが、基本現金精算のところが多いです。そのためベトナムに行くのならベトナムのお金になれる必要があります。

ベトナムの紙幣の種類

ベトナムドンの高額紙幣、上から50万ドン、20万ドン、10万ドン
ベトナムドンでの使い安い紙幣、上から5万ドン、2万ドン、1万ドン
ベトナムの小額紙幣日本円で言う小銭の感覚

さてベトナム国内で一般的に流通しているのは高額なものから50万ドン20万ドン10万ドン、5万ドン、2万ドン、1万ドン、5000ドン、2000ドン、1000ドン9種類です。一応1000ドンの下にも500ドンという少額紙幣はあるのですが、1ドンの価値の安さと細かいところを計算するのがめんどくさいためか、小さい店などでは1000ドン以下は切り下げになることが多いです。

500ドン紙幣。スーパーなどでは1000ドン以下は切り捨てになることも多い

500ドン紙幣。北部、中部では流通が少なく、釣り線としてもらったのは6ヶ月で2度だけだった

ベトナムで流通しているのは紙幣のみで、硬貨はありません。正確に言えば昔はあったのですが、インフレの影響もあって現在では使われなくなっています。

ベトナムドンはいくらくらいなの?

おおよその価格ではありますが、日本円1円に対しベトナムドン200ドン程度が相場です。つまり紙幣価値としては

500000ドン(50万ドン) 2500円
200000ドン(20万ドン) 1000円
100000ドン(10万ドン) 500円
50000ドン(5万ドン) 250円
20000ドン(2万ドン) 100円
10000ドン(1万ドン) 50円
5000ドン 25円
2000ドン 10円
1000ドン 5円
500ドン 2.5円

くらいと考えれば大丈夫です。額が大きいために最初はクラクラしますが、日本円にして見るとそれほどの高額紙幣ではないことがわかると思います。

これから話す物価のことも踏まえると、紙幣の中でもっとも使いやすいと感じるのは5万ドンです。

ベトナムの物価ってどうなの?

ではベトナムの物価はどの程度なのでしょう。

まず1ドンで何が買えるかと言えば…なにもありません。

ベトナムは物価が安い国ですが、さすがにそこまで安いわけじゃないんですね。

ベトナムの物価は超安い!?ベトナムに長期滞在した予算をまとめてみた

2017.05.08

ハノイのローカル向けの定食屋で食べると、一食が3万ドン(150円)程度から、外国人向けのレストランで10万ドン(500円)くらいから。

安いものでも、ローカル用のバイク用駐車場に1日止めて2000ドン〜5,000ドン程度のほか、スーパーで購入したペットボトル入りの水が3000ドン(15円)程度でした。

半年以上旅してもっとも安かったものは、ど田舎で食べた小さい揚げパン1つ2000ドン(10円)でした。500ドン紙幣ではティッシュも買えないですね。

買い物する時のベトナムドンの楽な計算法

さて、紙幣価値のところで見てもらったように、ベトナムドンの価値を計算するには、200で割ってしまえばそれでいいです。ちょっと計算が不得意な人であっても、下二桁を削って2で割ることで価値は計算できると思います。

ただこの方法、スーパーなどのように値札がある場合は問題はないのですが、実際にローカル店舗で計算しょうとした場合、少しややこしく感じることがあります。というのも現地では金額を表す時に、しも二桁をとって〇〇Kという表記が定着していたりするからです。

下3桁を削って5倍する方法

Kというのは要するにキロのこと。「ベトナムドンは桁が多すぎる!!」と思っているのは、ベトナムの人も女時で、下3桁をのけて考えるのが一般的なんですね。

つまり、5,000ドンなら550,000ドンなら50500,000ドンなら500と表記されています。一番楽な計算方法としてはこの下3桁取られた数字をそのまま5倍してしまうことなんですね。

これは特に口頭で買い物してる時に便利でFifty(フィフティ)と言われたら250円、Five Hundred(ファイブハンドレッド)なら2500円と考えればいいだけ。特にベトナムでは英語やベトナム語など、慣れない言葉で数字を言われることになるため、慣れておくことに越したことはないでしょう。

フリーの計算アプリを活用しよう

それでもどうしても計算が苦手ということであれば、スマホ向けの通貨計算アプリをおすすめします。

Currency
Currency
Developer: Jeffrey Grossman
Price: Free+
Currency Converter Plus
Currency Converter Plus
Developer: Kaspre Invest
Price: Free+

僕自身Currency Converter Plusを使用していますが、相手に数字で金額が見せられる計算アプリは、言葉が通じない相手との交渉に役立つので、一つはダウンロードしておくのがおすすめです。

実際にベトナムドンを使う時の注意点

さてベトナムドンについて理解してもらったところで、実際に現地でベトナムドンを利用する際に気をつけたいことを見ていきましょう。

  • 高額紙幣の利用を避ける
  • 高額紙幣と少額紙幣は分けて所持する
  • ベトナムのチップ文化について

高額紙幣の利用は避ける

一番は高額紙幣の扱い方です。

高額紙幣と言っても、一番大きい50万ドンですら日本円で言えば2500円なのであまり高額紙幣という印象はないかもしれません。しかし月収が大学卒初任給の給料が6百万ドン(3万円)から8万ドン(4万円)程度であるベトナムの経済状況を考えると50万ドンはかなりの高額紙幣です。

スーパーなどでは大丈夫なケースが多いですが、特にローカルの店や食堂で買い物に使おうとした場合、かなり露骨に嫌がられて「お釣りがないから売れない」と言われたり、釣り銭を誤魔化されてしまうこともあります。

銀行で5万ドンに変えてしまう

解決法の一つとしては、高額紙幣は銀行であらかじめ小額紙幣に両替してしまうことです。

基本的に銀行の窓口で頼めば、無料で少額紙幣に両替してくれます。銀行員とは言っても、英語は必ずしも通じませんが、言葉はわからなくても、高額紙幣と5万ドンを交互に見せれば意図は伝わります。

両替してもらうべきなのは、ベトナムの紙幣の中で最も使いやすい赤い5万ドン紙幣。

5万ドン札は計算もしやすいですし、額的にもローカルの店で使うにも、少し洒落た店で使うにしても使いやすい金額の紙幣になります。

高額紙幣は信頼できる場所で使う

ただわざわざ銀行に行くのはめんどくさい!ということもあると思います。そうした場合は銀行高額紙幣の利用はホテルやスーパーマーケットなど、レシートがもらえる店で高額紙幣は使うようにすることです。

僕自身、50万ドンなどの高額紙幣を使いたい場合は、カフェなどで利用して崩すようにしています。

フエの市場にはローカルが集まる。食事もできるがぼったくり価格でコストパフォーマンスはよくない

観光客が集まる地区のローカルマーケットでは、高額紙幣を断られることも多い

基本的に釣り銭不足や、ぼったくり、釣り銭のごまかしにあいやすいのはローカル向けのレストランや市場などです。どんぶり勘定なベトナム人は、悪気なく純粋に間違えることも多いので、嫌な思いをしないためにはしっかりと自衛をすることも必要です。

もちろんローカルの店でも近所を回ってお釣りを調達してくれるようなところもあります。あくまで可能性の高さの問題です

ベトナム人のぼったくりはやばい!?被害を避ける5の心得

2017.05.12

高額紙幣と小額紙幣はわける

もう一つ心がけたいのは高額紙幣と少額紙幣を分け、可能なら二つの財布に分けて持ち歩くことです。

これは紙幣を間違えないようにするため防犯対策という二つの理由があります。

紙幣を間違えないようにする

日本人でならお札を間違えるなんてことはまず起こりえません。

日本は札の価値ごとに印刷されている人物が異なっていますし、福澤諭吉と野口英世を間違える人はまずいないからです。

しかしベトナムドン。どの紙幣に乗っているのも英雄として絶大な人気を誇っているホーチミンなんですよね。

ベトナムドンの写真

ベトナムドンのお札に入っているのは、すべてホーチミンだ

その上2万ドンと50万ドンは色がよく似ていますし、10万ドン50万ドンは特にデザインがよく似ています。

例えばこの50万ドンと10万ドン

ベトナムドン50万ドンと10万ドン

色調を調整した写真での50万ドンと10万ドン

色が大きく違うため野外の使う分には、おそらく間違えることは少ないです。しかし

自然光で見た時の50万ドンと10万ドンは一見見分けがつきにくい

写真の色を修正していない50万ドンと10万ドン。見分けはつきにくい

色を修正していない状態の写真だとこの通り。色はかなり似通っていますから、夜間や室内で取り出そうとする時は、うっかり間違えることは十分にありえるでしょう。

実際自分自身、今、この写真を取るためにお金を取り出す際50万ドンと10万ドンを取り出すつもりで、うっかり20万ドンを2枚取り出してしまっていました

50万ドンと10万ドンでも価値は5倍も違いますし、借りに2万ドンと間違えてしまえば25倍払うことになってしまいます。もちろん間違えて差し出したとしても、指摘してくれることもありますが、しらばっくれられて、あとで気づくことありえます。間違いを防止するためにも高額紙幣と小学紙幣は分けておくのが無難です。

ベトナム紙幣、50万ドンと2万ドン

25倍価値の異なる20万ドンと2万ドン

財布を分けることで防犯対策にも

財布を分けておくことは、別の防犯対策にもつながります。自分の場合大きい紙幣が入っている財布と、10万ドン以下の紙幣をだけを入れている普段使い用に財布に分けていますが、支払いをする時は、少額紙幣の入っている財布のみを取り出すようしています。高額紙幣の入った財布は基本的に、ホテルなど安心できる場所でのみ取り出すようにしており人前では取り出しません

ベトナムは凶悪な犯罪こそ多くありませんが、ひったくりやスリなどはよく発生します。こうした犯罪者たちは店での支払い時などに、財布にどの程度のお金が入っているか観察して獲物を探している。と言われています。そのためベトナムの人の支払いスピードは素早く、一瞬でお金を取り出して、お目当のお金だけ取り出して支払っています。

観光にきた人が人前で堂々とお金を広げて一枚一枚数えているような光景を見かけることがありますが、これはどうぞ盗みにきてくださいと宣伝しているようなものです。

防犯のためにも、間違えないためにも財布は二つに分けるようにするのがおすすめです。

ベトナムのチップ文化について

ベトナムにはチップ文化があるのでチップを渡しやすいように準備しましょう、と言われることがあります。

これは一部では正しく、一部では正しくありません。ベトナムでチップ文化が根付いているのは旧南ベトナムだった一部のエリアだけです。より正確にいえばホーチミン市を中心とした周辺の一部の観光地だけです。

ホーチミン(旧サイゴン)を中心とする南ベトナムは、長らくフランスやアメリカと行った国の強い影響を受けてきたためにそうした国の影響を受けてチップ文化が根付きました。

しかしこれは中部や北部などには広まらなかったため、ハノイやダナンなどに行く場合にはチップのことを気にする必要はありません

現地でお金を準備する方法

ベトナムでドンを準備するには大まかわけて

  • 日本円で持ち込んで両替所でドンにする

方法と

  • 現地のATMを使って引き出しやキャッシングを行う

方法の二つがあります。

日本円で持ち込んでドンにする

日本円で持ち込む場合、空港にも両替所はありますが、レートはあまり良くないので、市街地に行ってから両替所を探すのがベストです。銀行でも帰ることができますが、金行と呼ばれる、貴金属を扱っているお店がレートがいい場合が多いです。レートは日によって異なるので、いちばんいいレートを探すには幾つか店を回って比較するのがいいでしょう。

現地のATMを使って引き出しやキャッシングを行う

現金で持ち込む方法はわかりやすい上、手数料もさほどかからないのでお得感はあります。ただ問題なのは現金の場合窃盗にあえば、ほぼ泣き寝入りしかないこと。そして地方では日本円からベトナムドンへの両替ができる場所が少ないことです。

そのため短期間の滞在であれば、現地のATMを使って引き出すという手もあります。ATMの場合、使用料はその都度かかりますが、引き落とせるATMはベトナム全域にあるため、お金を準備するのに困ることはありません。

ベトナムでATMを使うなら、クレジットカードか国際キャッシュカード

ベトナムのATMで使えるVISAのカードとPLUSマークの入ったキャッシュカード

現地のATMを使う方法としては、VISAMASTERなどのクレジットカードを使ったキャッシングと、国際規格PLUSCirusマークのついた国際キャッシュカードによる引き出しがあります。

クレジットカードを使ったキャッシング

クレジットカードでのキャッシングは利息こそ発生しますが、キャッシングした分を前倒しで返済することもでき、その場合手数料の面でも、レートの面でも割がいい場合が多いです。

クレジットカードは無料で海外旅行保険がついていることが多いのも大きなメリットです。ベトナムでは外国人向けの医療費は高いですし、窃盗にあった場合などのために保険はつけておくことをおすすめします。ただ短期の旅行だと普通の保険に入るのは、料金的に折り合わないということもあると思います。

多くの人が持っているであろう楽天カード、怪我した時の治療費の最大200万円保証や、携行品保証20万円など、年会費無料のカードしてはかなり海外旅行保険が手厚いです。

ただキャッシングに関しては、強制的にリボ払いになってしまうことや、海外旅行保険をつけるために旅費などを楽天カードで払わなければいけないなど制限も多いです。

そのため個人的におすすめしたいのは、海外に出た時点で自動的に保険がつく上、疾病保証などが270万と手厚いエポスカード。こちらも年会費無料なのでありがたいです。

いずれにせよカード付帯の海外旅行保険は重複して請求可能だということ、エポスは死亡や後遺症の保証はいまひとつであることから、複数のカードを作っておくとなにかと安心でしょう。

国際キャッシュカードで引き出す

もう一つの方法がPLUSやCIRRUSなどのついた国際キャッシュカードで、直接自分の銀行講座からお金を引き出すことです。

レートなどの上で、他の方法と比べて格別メリットがあるわけではありませんが、自分の銀行口座からお金を引き出すため、お金の管理はしやすいというメリットはあります。

問題なのは日本のキャッシュカードは独自規格であることが多く、PLUSやCIRRUSのついたキャッシュカードを発行してくれるところが多くないことです。

ただそれでも楽天銀行や新生銀行のように国際規格のキャッシュカードが作れるところがあります。

こうした銀行はネットバンクも使うことができるので、クレジットカードでキャッシングを行い、ネットバンクで返済することでレートもよく、返済額も安いという状態を作ることもできます。

ベトナムATM利用の問題点

ただベトナムでATMを使う時に気をつけたいのは、手数料が高いことです。

ベトナムの場合、キャッシングや引き出しの時には、毎回手数料がかかります。手数料の金額は結構まちまちで、2万ドン(100円)のものがあるかと思えば、9万ドン(450円)の手数料がかかるものまであります。おすすめは手数料が2万ドンのAgribank。引き出せる金額が200万ドンまでで、6万ドン以上の手数料がかかる銀行が多いなか。下ろせる最大金額も300万ドンと多く、手数料が2万ドン、田舎を含めてベトナム中にあるのでおすすめです。

まとめ

ベトナムは桁が多く計算の難しい通貨です。

しかし物価の良さを生かして安くすごすためには、お金の知識は欠かせません。

ベトナムは比較的治安はいい国ですが、それでも日本に比べれば窃盗などの犯罪の被害に合わないような行動を心がけたいもの。

お金はベトナムに限らず海外では命綱。パスポートを紛失した時などにも現金が必要になります。最悪の自体に備えて複数の現金確保手段を用意しておくことは欠かせません。

複数の財布を用意し、現金やクレジットカードや国際キャッシュカードなど複数の現金調達手段を用意しておくなどの安全策をとっておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です