ベトナムのお金「ドン」に関わる疑問を全部解決!旅行前に知りたい防犯対策

ベトナムドンは10種類が流通している

スポンサーリンク

海外旅行に行く時、不安なのはお金の問題ですよね。

国によって通貨も、習慣も違います。その国の通貨感覚がわからないまま渡航してぼったくられた!なんていうのは東南アジアではよく聞く話です。

特にベトナムの通貨ベトナムドンは、とにかく桁の多いのでわかりにくい!1万円を両替するとなんと2百万ドンという桁違いの数字になってしまいます。とにかく桁が多すぎてわかりにくいんです。

この記事では

  • ベトナムドンとはどんな通貨なのか
  • ベトナムドンを使う時の注意点
  • ベトナムドンを準備する方法

についてお話していきましょう。

ベトナムの通貨「ドン」について

現在ベトナムで使われているのはDong(ドン)という通貨。一般的な紙幣としてドルが流通しているカンボジアほどではありませんが、ベトナムでも特に南部においてホテルやツアー料金の支払いなどでドルが使われることがあります。

ベトナムドンの高額紙幣、上から50万ドン、20万ドン、10万ドン
ベトナムドンでの使い安い紙幣、上から5万ドン、2万ドン、1万ドン
ベトナムの小額紙幣日本円で言う小銭の感覚

2017年現在、ベトナム国内で一般的に流通しているのは一番上から50万ドン、20万ドン、10万ドン、5万ドン、2万ドン、1万ドン、5000ドン、2000ドン、1000ドンの9種類。一応500ドンもあるにはありますが、あまり流通しておらずスーパーなどでも1000ドン以下は切り捨てになることが多いです。

500ドン紙幣。スーパーなどでは1000ドン以下は切り捨てになることも多い

500ドン紙幣。北部、中部では流通が少なく、釣り線としてもらったのは6ヶ月で2度だけだった

日本円でいくらになるのか

ベトナムドンは日本円でいうと0.005円。だいたい200ドンで1円になっています。

大雑把に計算すると一番大きい50万ドンが2500円20万ドンが1000円。という感覚。個人的にはこのお金を使っている時には、日本でいう1万円を使っている感覚です。つまり高額紙幣というわけですね。

その下の10万ドン(500円)5万ドン(250円)2万ドン(100円)1万ドン(50円)が店などで使い安い金額。ローカルのレストランで食事をすると3万ドンくらい。ロッテリアのチーズバーガーセットで6万ドンくらいですね。

ベトナムの物価は超安い!?ベトナムに長期滞在した予算をまとめてみた

2017.05.08

日本円にする時の計算方法

さて、実際に料金などが提示された際の簡単な計算方法を紹介します。計算方法は

  1. 下二桁の0を2つとって半分にする
  2. 下3桁の0を削って5倍にする

の二つがあり。1番の方法はメニューなどの値段が提示されている場合,スーパーなどで買い物する時に便利です。2番の方法は口頭で値段を言われた時に役立ちます。

基本的には1番の方法が2で割るだけなので簡単です。しかし「ベトナムドンは桁が多すぎる!!」と思っているのは、日本人だけでなくベトナムの人もそう思っています。そのためベトナム国内では下二桁を削った数字を言うと言うのが一般的になっています。

つまり5,000ドンなら550,000ドンなら50500,000ドンなら500と表現するわけですね。これを1番のの方法で計算するよりは単純に5倍してしまったほうが楽です。

これを知っておけばお店などでいきなりTwo Hundred(200)などと言われても戸惑わずにすみます。200ドンは存在はしていても流通することはほとんどありませんし、いくら物価の安いベトナムでも200ドンで買えるものはまずありません。200ドンと言われれば、それは200K。つまり20万ドンのこと。日本円で言えば、言われた数字を5倍して1000円と考えればいいわけですね。

 

 

フリーの計算アプリを活用しよう

スマホを持っている人ならば通貨計算アプリは無料で出ています。

僕もCurrency Converter Plusを使用しています。

Currency
Currency
Developer: Jeffrey Grossman
Price: Free+
Currency Converter Plus
Currency Converter Plus
Developer: Kaspre Invest
Price: Free+

こうしたアプリは交渉する時にも役立つので、一つはダウンロードしておくのがいいでしょう。

実際にベトナムドンを使う時の注意点

実際に現地でベトナムドンを利用する場合注意点がいくつかあります。

  • 高額紙幣の利用を避ける
  • 高額紙幣と少額紙幣は分けて所持する
  • ベトナムのチップ文化について

高額紙幣の利用は避ける

一番は高額紙幣の扱い方です。

高額紙幣と言っても、一番大きい50万ドンですら日本円で言えば2500円なのであまり高額紙幣という印象はないかもしれません。しかし月収が6百万ドン(3万円)以下の人も珍しくないベトナムの経済状況を考えると50万ドンはかなりの高額通貨です。

そのため特にローカルの店で買い物に使おうとした場合、かなり露骨に嫌がられて「お釣りがないから売れない」と言われたり、釣り銭を誤魔化されてしまうこともあります。

銀行で5万ドンに変えてしまう

解決法の一つとしては、高額紙幣は銀行で両替してしまうこと。基本的に多くの銀行の窓口で頼めば、無料で少額紙幣に両替してくれます。

一番使いやすいのは赤い5万ドン紙幣です。

計算もしやすいですし、極めて一般的な紙幣なので、釣りがないということになることはありえません。

銀行員とは言っても、英語は必ずしも通じませんが、言葉はわからなくても、高額紙幣と5万ドンを交互に見せれば意図は伝わります。

高額紙幣は信頼できる場所で使う

ただわざわざ銀行に行くのはめんどくさい!ということもあると思います。そうした場合は銀行高額紙幣の利用はホテルやスーパーマーケットなど、信頼できる場所での利用にとどめ、ローカル向けのマーケットやレストランでの使用は避けることです。

フエの市場にはローカルが集まる。食事もできるがぼったくり価格でコストパフォーマンスはよくない

観光客が集まる地区のローカルマーケットでは、高額紙幣を断られることも多い

基本的に釣り銭不足や、ぼったくり、釣り銭のごまかしにあいやすいのはローカル向けのレストラン。ちゃんとレシートがついてくるレストランやカフェ。ホテルやスーパーといったところではそういった被害にあう可能性は極めて低いです。

もちろんローカルの店でも近所を回ってお釣りを調達してくれるようなところもあります。あくまで可能性の高さの問題です

ベトナム人のぼったくりはやばい!?被害を避ける5の心得

2017.05.12

僕自身、50万ドンなどの高額紙幣を使いたい場合は、カフェなどで利用して崩すようにしています。

高額紙幣と小額紙幣はわける

もう一つは高額紙幣と少額紙幣を分け、可能なら二つの財布に分けて持ち歩くことです。

これは紙幣を間違えないようにするため防犯対策という二つの理由があります。

紙幣を間違えないようにする

お札を間違えるなんてそんなバカな

と思うかもしれませんが、実はこのベトナムドン結構曲者。お気づきかもしれませんが、どの紙幣に乗っているのも英雄として絶大な人気を誇っているホーチミンが紙幣となっているんですよね。

ベトナムドンの写真

ベトナムドンのお札に入っているのは、すべてホーチミンだ

その上2万ドンと50万ドンは色がよく似ていますし、10万ドン50万ドンはデザインがよく似ています。間違える可能性は0とは言えません。

例えばこの50万ドンと10万ドン

ベトナムドン50万ドンと10万ドン

色調を調整した写真での50万ドンと10万ドン

色が大きく違うため野外の使う分には、おそらく間違えることは少ないとは思います。しかし

自然光で見た時の50万ドンと10万ドンは一見見分けがつきにくい

写真の色を修正していない50万ドンと10万ドン。見分けはつきにくい

色を修正していない状態の写真だとこの通り、色はかなり似通っています。夜間や室内で取り出そうとする時は、うっかり間違えることは十分にありえるでしょう。

実際自分自身、今、この写真を取るためにお金を取り出す際50万ドンと10万ドンを取り出すつもりで、うっかり20万ドンを2枚取り出してしまっていました

50万ドンと別の紙幣を間違ってしまえば悲惨です。2万ドンと間違えてしまえば25倍払うことになってしまいますし、10万ドンでも5倍です。もちろん指摘してくれることもありますが、しらばっくれられたりすることあります。ぼったくりよりダメージでかいですよね。

ベトナム紙幣、50万ドンと2万ドン

25倍価値の異なる20万ドンと2万ドン

財布を分けることで防犯対策にも

この対策が財布を二つに分け、間違えやすい紙幣は一緒にしておかないことです。自分の場合大きい紙幣が入っている財布と、10万ドン以下の紙幣をだけを入れている普段使い用に財布に分けています。(10万ドンは基本的に1枚のみ、残りは別の財布に)。

支払いをする時は、少額紙幣の入っている財布のみを取り出すようにし、高額紙幣の入った財布は基本的に人前では取り出しません

これは防犯対策という意味も強いです。ベトナムは凶悪な犯罪こそ多くありませんが、ひったくりやスリなどはよく発生します。こうした犯罪者たちは店での支払い時などに、財布にどの程度のお金が入っているか観察して獲物を探している。と言われています。そのためベトナムの人の支払いスピードは素早く、一瞬でお金を取り出して、お目当のお金だけ取り出して支払っています。

観光にきた人が堂々とお金を取り出して数えている、ような光景を見かけるますが、これはどうぞ盗みにきてくださいと宣伝しているようなものです。

防犯のためにも、間違えないためにも財布は二つに分けるようにするのがおすすめです。

ベトナムのチップ文化について

ベトナムにはチップ文化があるのでチップを渡しやすいように準備しましょう、と言われることがあります。

これは一部では正しく、一部では正しくありません。ベトナムでチップ文化が根付いているのは旧南ベトナムだった一部のエリアだけです。より正確にいえばホーチミン市を中心とした周辺の一部の観光地ということになります。

ホーチミン(旧サイゴン)を中心とする南ベトナムは、長らくフランスやアメリカと行った国の強い影響を受けてきたためにそうした国の影響を受けてチップ文化が根付きました。

しかしこれは中部や北部などには広まらなかったため、ハノイやダナンなどに行く場合にはチップのことをきにする必要はありません

現地でお金を準備する方法

ベトナムでドンを準備するには大まかわけて

  • 日本円で持ち込んで両替所でドンにする

方法と

  • 現地のATMを使って引き出しやキャッシングを行う

方法の二つがあります。

日本円で持ち込む場合、空港にも両替所はありますが、レートはあまり良くないので、市街地に行ってから両替所を探すのがベスト。

現地のATMも活用しよう

現金で持ち込む方法は手軽な上、手数料もさほどかからないのでお得感はあります。問題なのは現金の場合窃盗にあえば、ほぼ泣き寝入りしかないことと、地方に行く予定がある場合は日本円からベトナムドンへの両替ができる場所が少ないことです。

その点ATMであればベトナム全域にあるため、お金を準備するのに困ることはありません。

現地のATMを使う方法としては、VISAMASTERなどのクレジットカードを使ったキャッシングと、新生銀行楽天銀行などで発行される国際規格PLUSCirusマークのついた国際キャッシュカードによる引き出しがあります。

クレジットカードでのキャッシングは利息こそ発生するものの、無料のものでも海外旅行保険が付帯するなどのメリットがある、海外キャッシングは海外旅行保険などのメリットこそないが、自分の口座から直接お金を引き出すため利息はまったくかからないため利便性は高い。

ただ問題なのは手数量が高いことで、ベトナムの場合銀行ごとに2万ドン(100円)から9万ドン(450円)の手数料がかかるものまである。おすすめは手数料が2万ドンのAgribank。6万ドン以上の手数料が銀行が多いなか、下ろせる最大金額も300万ドンと多く、ベトナム中にあるのでおすすめです。

まとめ

ベトナムは桁が多く計算の難しい通貨です。

しかし物価の良さを生かして安くすごすためには、お金の知識は欠かせません。

ベトナムは比較的治安はいい国ですが、それでも日本に比べれば窃盗などの犯罪の被害に合わないような行動を心がけたいもの。

お金はベトナムに限らず海外では命綱。パスポートを紛失した時など、最悪の自体においても現金が必要なるので、複数の方法を確保しておくのがベスト。

財布を分けるクレジットカードや国際キャッシュカードを準備しておく

などの安全策をとっておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です