ベトナム行くのにWifiレンタルいらないよ!?超快適なベトナムのWifi事情とは

ベトナムの伝統家屋とスマートフォン

スポンサーリンク

スマホはもはや旅する上での必須アイテム。航空券を地図もガイドブックもこれ一つでまかなえてしまうわけで、旅行に行く人が使う理由がありません。

となると必要になってくるのがネット回線。Wifiやネット回線がなければスマホもただの箱ですし、役に立つ状況も限られてしまいます。

日本だと街中にフリーWifiがあまりなかったりすることから、現地でもネット回線の確保に苦労するんじゃないか、と思う人もいるかも知れません。

しかしベトナムを含む東南アジアの国では、日本以上にフリーWifi環境が整っているというのが長く旅を続けてきて正直に感じるところです。もしあなたがベトナムに行くに当たって、モバイルWifiのレンタルやパケ放題の申し込みを検討しているのなら、正直それは必要ないのかも知れません。

というわけで今回は日本も見習うべき、ベトナムのフリーWifi事情についてお話します。

ベトナムのフリーWifiの充実度について

ベトナムのフリーWifi環境は実は相当に整っています。ハノイやホーチミンのような大都市に限らず、人口数千人程度の小さな田舎街でさえも、カフェやレストランなどに入れば無料のWifiが使えるのがほとんどです。

また空港や駅などの公共施設はもちろん、都市間移動の高速バスの中でさえもWifiが利用できます。通信速度に関しては必ずしも早いとは言えませんが、うまく使えばバスで移動中に次の予定を立てられるので結構便利。

こう、どこででもフリーでWifiが使えると日本って実はWIFI後進国なんじゃないの?と思えてきます。実際明らかにフリーWifiの利用しやすさで言えば、ベトナムより日本の方が使いにくいです。

どこで無料Wifiが使えるのか

僕の場合、お店に入ってする質問はのはWifiがあるかではなく、「Wifiのパスワードはなに?」です。正直なところ「お金を払って入るようなお店はすべて」フリーでWifiを使えると考えても間違いではありません

 

ホテル

高級ホテルやバックパッカーはもちろん、現地人向けのニャギと言われるモーテルでも100%Wifiが使えます。

タイなど一部の国ではホテルのWifiを利用するのにお金を取られるところもありますが、ベトナムではWifiを有料にしているホテルはまず見かけません。大概は室内にWifiのパスワードが貼ってありますので自由に利用することができます。

Aurora Riverside hotel Villaの室内

ホテルの部屋ではほぼ100%Wifiが使える

ただ高級ホテルの場合はまず問題ありませんが、安宿の場合自室ではWifiが弱いということもあるので、自室で作業をしたいなどじっくりWifiを使いたい人は、部屋に入る前にWifiの具合をチェックさせてもらうか、ベッドなどを利用する前にWifiを使って速度などが問題ないかチェックしておくのが良さそうです。(ベットを使ってなければ部屋を変えてくれる)

レストラン・カフェ

屋外の屋台などでは残念ながら使えない場合もありますが、多くの方が観光で訪れるような屋内型の店であれば99%使えると考えて大丈夫です。

ベトナムのカフェは世界各地から集まったノマドや、フリーランスで働いているウェブエンジニアたちの仕事場や、家にネット回線がない人たちが集う憩いの場所となっています。

そのため滞在時間に関しても基本的に制限はなく、長時間滞在しても気にされないことがほとんど。暑い日には冷房付きのカフェで昼寝をしているベトナムの人の姿も見かけます。

ベトナムのカフェはWifi使い放題

ベトナムのカフェは長居しても大丈夫。昼寝しているベトナム人の姿も

空港・バス停など
ノイバイ空港のタクシー乗り場歩いていると、英語で声をかけられる

空港・高速バス乗り場などでもWifiは利用可能だ

空港にはフリーWifiが設置されています。パスワード式ではなく、ログイン式のものが多いので電波さえ拾えれば到着後する使うことができます。

説明書きはベトナム語ですが、基本的には「接続する」と書かれている部分を押すだけなので問題なし。

ただたくさんの人が同時に使っているためか、空港は速度が遅いこともあります。その場合は空港内にあるカフェやファストフード店がWifiを提供しているので、そちらを使えばまず問題ないでしょう。

高速バス・鉄道

高速バスや鉄道の乗り場は、ハノイやホーチミンなど都会であればフリーWifiが用意されています。

田舎となると場所によってある場所と、ない場所に別れるようになってきますが、感覚的にはバスの乗り場の方がWifiが接続できる場所が多いです。

ダナン行きのトイレ付き高速バス

ベトナムの都市間高速バス。内部に寝転がることのできるVIPバスというタイプのものならばほどWifiがついている

車内では都市間移動の高速バスの場合、車内で横になることのできるVIPバス(xe giường nằm)と言われるものはほとんど車内でもWifiを利用することができます。

ベトナムの寝台列車にはWifiはない

2017年にはベトナムの寝台列車の中にはWifiはない

ただ残念ながら、鉄道の場合最も高級な寝台車両でもWifiは使えません。

現状鉄道には電源プラグがある車両があるがWifiがなく高速バスにはWifiはあるが電源はないという環境です。

またホーチミンなどの中にある市内バスにもWifiは搭載されていません。

なんでこんなにWifi網が充実してるの?

じゃあ、なぜベトナムでこれほどまでにフリーWifiが充実しているのかというと、ベトナムでのスマートフォン普及度が高いことがあげられます。

2017年時点でのベトナムでのスマートフォン利用者は国民全人口の30%近くにも及んでいて、都市部ではその割合は50%に及ぶとも言われるほど。東南アジアと聞いて想像するイメージとは異なるかも知れませんが、ベトナムでのスマホの普及率は結構高いのです。

スマホは初期費用さえ出してしまえばあとはほとんどお金がかかりませんから、ベトナムの人々、特に若い世代にとっては娯楽の王様のようになっています。ベトナムは平均年齢が30歳を下回る若い人の多い国です。

彼らを引きつけなくては商売になりませんから、どこもWifiを設置するようになっているんですね。

ベトナムの山岳地域。ネットが通じている

ベトナム北部、この村には水道はないが電気とネットは通じている

レンタルWifiは必要なのか?

必要です!!!

といいたいです…。ここでポケットWifiのリンクでも貼って読んでくれた方がクリックしてくれたら、僕に広告費が入りますもんね。

でも正直なところこれまであげたフリーWifiの普及度通信費の安さを考えれば、レンタルWifiは必要ないと思っています。

ベトナムの通信費の安さ

ベトナムでのインターネットは格安です。

海外用レンタルWifiの場合、レンタル料金は1日400円程度からで、データを1GB程度つけると1週間で8,000円程度はかかります。

ところが僕が短期で借りた家の場合、ネットは5万ドン(250円)で使い放題でついてきていました。

短期の人の場合、ネットを契約するのは現実的ではありませんが、SIMフリーのスマホを持ってくれば現地でSIMカードを購入して使用することができます。

自分が使用しているVina Phoneの場合、SIMカード1.2GBでも10万ドン(500円)ですし、3GBでも20万ドン(1000円)で使えます。(今公式サイトをみたら2GBで5万ドン(250円)なんてプランもあり。チェックしなおさなくては)

もちろんポケットWifiなら到着してすぐに自分のWifiに接続できますし、電気屋などに行ってSIMカードを買う手間なども省けます。そのためこの部分に差額の7千円を払ってもいいのならば、ポケットWifiを検討してもいいでしょう。

ただそうでないのでならSIMフリーのスマホを用意していくことで、ベトナムだけでなく通信料を抑えることができるのでお勧めします。

SIMフリーの携帯は、現在使用しているキャリアにロックを解除してもらう(数千円支払う必要がある)か、最初からSIMフリーで販売されている端末を買うかの二択になります。

まとめ

ベトナムのWifiエリアは非常に整っています。

加えてデータ通信も1月2GBで250円など日本に比べれば相当に安いため現地で利用すれば相当に通信費は安くすませることができます。

そのためSIMフリーのスマホを持っておら雨、今後も手に入れる予定がないという場合を覗き、日本でレンタルWifiなどを借りていく必要性は低いですが、現地に飛行機で到着した時点から自分のネットワークを使えるというメリットはなくもないので、この辺りの差額を出せるということであればポケットWFIを使うのがいいでしょう、

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です