ベトナム旅行の持ち物、必需品。持って行った方がいいものをまとめたよ

スポンサーリンク

ベトナムに旅行に行こうと決めたものの、何を持っていったらいいの?って悩む人も多いはず。今回は僕が実際に半年近くベトナムを旅した経験から

  • ベトナム旅行の必需品
  • 必需品ではないが必要性が高い携行品
  • 持っていくことをオススメする持ち物

をまとめたものです。必需品、持って行ったほうがいい携行品に関しては、実際に僕自身が所持しているものであり、おすすめからは一部を持って行っています。

何を持っていけばいいのかをあげた上で、その理由を解説していきます。自分の旅行スタイルに必要なものを選ぶようにしてみてください。

ベトナム旅行の必需品

ベトナム旅行における必需品はどんな人でも絶対に必要になるのは

  • パスポート
  • ビザ
  • 現金
  • クレジットカード・国際キャシュカード
  • 旅行用カバン
  • 着替え
日本のパスポートとクレジットカード。20万ベトナムドン

日本のパスポートとクレジットカード。20万ベトナムドン

パスポートとビザ

言わずとももう海外旅行では一番大事なものですね

海外旅行においてはパスポートは命の次に大事と言われることも多いです。パスポートがなければ飛行機に乗れませんし、ベトナムの場合宿泊の際にパスポートを預けることも多いのでまともな宿には泊まりにくくなります(ニャギなど、チェックしない宿もあり)。空港に行く前にダブルチェック、トリプルチェックとしておいたほうがいいでしょう。

加えてベトナムの場合、問題になってくるのがビザ。ベトナムは15日までであれば、ビザ無しで渡航できますが、それ以上になるとビザの申請が必要になります。またビザなしで入国後90日間はビザなしでの入国ができないので、カンボジアやラオスなどへの周遊を考えている場合は、ビザの申請が必要になります。出発前に自分の日程ではビザが必要かどうか確認しておきましょう。

以前ならここに航空券やホテルの予約表を入れていたところですが、電子化が進んだ現在ではアプリやメールで電子航空券が送られてきますし、それを見せるために用意していても、結局パスポートによる本人確認だけでチェックインが済んでしまうことも少なくありません。

スマホを持っていない人であれば航空券や、ホテルの予約表などは印刷しておくほうがいいでしょうが、優先度は高くないでしょう。

現金、クレジットカードなど

ベトナムドンの写真

ベトナムドン

ベトナムは日本同様に現金社会。クレジットカードはホテルや一部のホステル、レストランなど利用できるところは限られ、基本的には現金が必要です。もしパスポートを紛失してしまった時、大使館でパスポートを再発行する際にも、現金が必要になるので、現金を確保する手段はまさに生命線。両替用に持ち込む日本円だけでなく、クレジットカードや国際キャッシュカードなど複数の現金調達手段を確保しておく必要があります。

ベトナムの場合、都会はともかく、田舎に行くと日本円をベトナムドンにできる場所は少なくなってくるので、基本的に都会で現金化しておくのがおすすめ。国際キャッシュカードやクレジットカードのキャッシングであれば、ベトナム中にあるATMで可能です。

ベトナムのお金「ドン」に関わる疑問を全部解決!旅行前に知りたい防犯対策

2017.05.29

旅行用カバン、着替え

旅行の時は、あれも必要、これも必要と何かと荷物を増やしていきがちですが、使用頻度の低いものを持ち歩いていると荷物はどんどん重く大きくなってしまいます。

ベトナムに限らず東南アジアの空港では預け荷物の紛失や、乗り換えの際の荷物の移し替えミスなどの不安があります。そのためベトナムに行く際におすすめしたいのは、旅行カバンは機内持ち込みのサイズに抑えることです。

機内持ち込みの手荷物サイズは航空会社によっても異なりますが、日本からベトナムに訪れる人が多く利用するエアアジアやベトナムジェットなどでいうと

  • 36cm X 23cm X 56cm cm で三辺の合計が115cm以下

ANAなどは

  • 55cm × 40cm ×25 cm以内

で概ね重さは7キロ程度ということになっています。

バックパックや旅行カバンなど

愛用しているノースフェイスのバックパック、これ一つで旅をしている

機内持ち込みサイズに荷物を抑えることができれば、預け荷物がちゃんと届かないことを心配することも、混雑した空港で窃盗にあうことや荷物の受け渡しに待たされることもありません。移動も乗り換えもスムーズになります。

ベトナムの場合、基本的に暑さにのみ気をつければいいケースが多いので、荷物の中で一番かさばる服は少なくてすみます。ミニマルな旅のスタイルを行っている自分の場合は6ヶ月のベトナム滞在でも、荷物は32リットルという小さめバックパック一つに収めています。ただこれではお土産を入れるスペースは全くないなど、短期の旅行では不便を感じることも少なくないと思いますので、一般的には40〜50程度のバックパックキャリーバック等にしておくのが無難でしょう。

服装については地域や時期によって多少異なってくる部分もあります。下記の記事でベトナムに持ってくるべき服装をまとめていますので参考に。

ベトナム旅行ではどういう服装をすべきなのか

2017.05.27

必需品とは言えないが必要性の高い携行品

ベトナムで旅行をする上で絶対必要とは言えないけれど、かなり必要性が高い携行品というのも幾つかあります。それが

  • SIMフリースマホ
  • ウエストポーチ
  • 常備薬
  • 虫除けスプレー
  • 海外旅行保険

SIMフリースマホ

今格安SIMの普及で一気に人気が高まっているSIMフリー携帯ですが、こうしたSIMフリー携帯は持ってきておくとベトナムだけでなく東南アジア全域で役に立ちます。

というのもSIMフリーの携帯を持ってきさえしておけば現地のSIMカードを買ってデータ通信ができるからなんですね。ベトナムはフリーWifiが充実しているため、データ通信がなくてもなんとかなることも多いですが、やはり出先で気軽にGoogle MapやGoogle Translateが使えるのはでかいです。

出先でデータ通信を使いたい場合、現地でSIMを確保する方法と、モバイルWifiを確保していくなどの方法がありますが、ベトナムのデータ通信は1月2GBで10万ドン(500円)程度と格安なのに比べて、日本でレンタルできるモバイルWifiはやたらと高額。短期ならともかく長期での滞在の場合は現地でSIMを購入できれば圧倒的にお得です。
SIMフリーのスマホを持っていないという人は新たに購入するというのもありですし、すでにIPhoneなどのSIMフリー版を持っているならばそれを活用してもいいでしょう。
僕の場合も海外用にSIMフリーのIphoneSEを持ち込んで活用しています。ただ日本人が持ち込んだスマホが盗まれるというのは、東南アジアで日本人が巻き込まれる犯罪の中でも相当上位に上りますので、カフェやレストランで席を離れる時におきっぱなしにしない、夜間に道路側でスマホを長時間使わない(ひったくりに合う可能性があります)など防犯対策、意識が必要です。

ウエストポーチ

防犯対策で準備しておくことをおすすめするのがウエストポーチです。自分の場合も治安に不安が有る場合はパスポート、高額紙幣を入れた財布、スマホなどはこうしたウエストポーチに入れて肌身離さず持ち歩けるようにしています。

薄手のウエストポーチ

ウエストポーチと言っても、僕がおすすめしたいのは薄手で身につけていることがわからないようなものです。

貴重品はこうした薄手のウエストポーチに入れ、服の下に身につけるようにしておけば余計な注目を浴びずにすみます。

常備薬

頭痛持ちや、胃腸に不安がある人などは日本からいつも飲んでいる薬を持っていくほうが無難です。

ベトナムの薬局の多くが処方箋なしで薬が買えますし、都市部であればインテリである薬剤師には多少の英語が通じる場合もあり現地で薬を購入することはできます。しかしベトナムの薬は日本のものに比べて強いうえ、質が悪いと言われることもあり、たくさん飲むのには不安があります。

そもそも言葉にわからない国で頼んだ薬。やっぱり口にするのは抵抗ありますよね。

ベトナムでは時期によって蚊がかなり発生します。

これらの蚊はただうざいだけでなく、病気を持っている恐れがあります。ハノイのある北部、ダナンのある中部までは大丈夫だと言われていますが、ホーチミンのある南部域はマラリヤ域にはいるとされていますし、デング熱の心配もあります。

自分は蚊のせいで病気になったことはありませんが、「世界一人間を殺している生き物は蚊」なんて話もあります。ベトナムの建築事情もあってホテルの中にも平気で入ってくるので、不安がある人は虫除けスプレーなどを用意しておくべきでしょう。

海外旅行保険

現地で病気になった時に助かるのが海外旅行保険です。

例えば風邪やインフルエンザの場合、ベトナムのローカルの病院は保険なしでもそれほど高額ではありませんが、言葉が通じないこともあったりします。

ただ外国人向けの病院では、かなり高額の治療費を請求されたなんて話もあり、やはり海外旅行保険があると安心です。持ち物を保証してくれる保険がついている保険なら、もし盗難などにあっても保証してくれますしね。

ただ短期の滞在の場合は保険料とリスクを考えれば割に合わないと思うことも多いはず。その場合クレジットカードに海外旅行保険がセットになっていることがあるので、自分のクレジットカードに海外旅行保険がついてるか「手持ちのクレジットカード名 海外旅行保険」などで検索して、確かめてみてください。

あると便利なもの

次にあると便利なもの。これは人によってかなり異なります。

  • カメラ
  • モバイルバッテリー
  • タブレット
  • ラップトップ
  • マスク
  • 日焼け止め
  • 長袖シャツ
  • アイマスク
  • 移動用まくら
  • 紙のガイドブック、地図
  • ドライバッグ

カメラ

自分にとっては必需品なのですが、人によって別にスマホでも大丈夫という人もいるでしょう。

実際Iphoneのカメラなども性能はそこまで悪くありませんし、手軽さではスマホのカメラは飛び抜けています。

ハノイの市街地の写真

Iphoneで撮影したハノイの市街地の様子

かつて南ベトナム軍が使用していたM41戦車

Iphoneで撮影した戦車

個人的に旅行用におすすめするカメラをあげるとすれば、今自分が使っているG7の後継機であるG8などのマイクロフォーサーズや高性能コンデジなどが身軽さと写りが両立されているのでおすすめしたいところ。

今だとソニーのミラーレスも素晴らしいですよね。

個人的にはフルサイズだとレンズが大きくなるので、旅だとマイクロフォーサーズがいいなぁと感じているのですが、このあたりはお好みですね。

モバイルバッテリー

ベトナムの中で陸路で移動することがありそうな人は、持っていくのも有効です。

特にバスでの移動の場合、車内にWifiがあるのに充電はできませんから電池がすぐなくなります。

モバイルバッテリーがあれば、こうした車内や飛行機内でも充電が可能なので、便利です。

タブレット、ラップトップ

こちらも移動時や待ち時間などに役立ちます。ベトナムでは公共交通機関が遅れることがよくあります。一番長いもので都市間バスが1時間近く遅れたこともあり、時間つぶしができるものがあると便利です。

自分の場合はIphoneのKindleアプリで読書をすることが多いですが、画面が小さいので読みづらいという人も多いはずです。荷物をいまほど削る前はKindle端末も所持していたのですが、これがスマホに比べても圧倒的に読みやすく、読書感もあります。

またベトナムの日差しは相当に強いです。まるで暑い日にはまるでフライパンの上で焼かれているような感覚に陥ることもあり、1日で皮がむけるほど焼けてしまったこともあります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です