Uncategorized

エポスカードってどう?旅好きはとりあえず作ったほうがいいと思う理由

クレジットカードは海外旅の必須アイテム。現地通貨の引き出しや海外旅行保険、ホテルや航空券の予約サイトでも使うので、僕自身クレジットカードなしでは旅が成り立たないほど、クレジットカードは活用しています。

中でも無料なのに優秀な海外旅行保険が付いてくるエポスカードの話は、もしかしたら海外旅行好きの人なら耳にしたことがあるんじゃないでしょうか?

実際作ってみると、このエポスカード。

  • 年会費が無料
  • 海外旅行保険が優秀
  • 外貨の引き出しに使える
  • 発行がはやい

などなど海外旅行に行く予定がある人ならばとりあえず作っておいても良いと思える魅力がいっぱいあるカードだったんですね。

というわけでこの記事ではなぜ自分がそう思うのか?その理由についてお話していきましょう。

エポスカードのメリット

エポスカードを旅好きにおすすめする理由としては

  • 年会費が無料
  • 海外旅行保険が優秀
  • 外貨の引き出しに使える
  • 発行がはやい

と言ったメリットがありますが、中でも最大のメリットは

年会費無料なのに優秀な海外旅行保険がついてくる

ということ。まず海外旅行で一番大事な保険で治療費の保証が、疾病治療保険で270万、怪我の時の傷害治療で200万円と高く。しかもその場で自分で診察費を払う必要のない、キャッシュレス診療も使えます。

しかも店舗受け取りなどにすることで、最短即日受け取りすることもできたりするので、「もう出発までに時間がない!」って場合にも対応できる可能性があるのもいいですね。

公式サイトはこちら

エポスカードの海外旅行保険はすごくいい!?旅好きにオススメする理由1

自分がエポスカードを旅好きにオススメする一番の理由は、やはり優秀な海外旅行保険がついているからです。ではエポスカードについている海外旅行保険とは一体どのようなものなのでしょうか。

障害死亡・後遺障害 500万円
障害治療費用 200万円
疾廟治療費用 270万円
賠償責任 2000万円
救援者費用 100万円
携行品損害 20万円
キャッシュレス診療 有り
付帯条件 自動付帯

こうして表にしてみてみるとエポスカードの海外旅行保険は、障害死亡・後遺障害などの金額は少ないものの、治療費関係の保証金額が手厚いのがわかります。

またキャッシュレス診療が使えること。海外に出た際に自動で保険がかかる自動で保険がかかる自動付帯であることにも注目ですね。

重要なのは治療費保証!死亡時の保険はいらない?

海外旅行保険が付いていると謡うクレジットカードの中には、障害死亡の金額を大々的に宣伝しているものも多いので、このエポスカードの金額を「少ないんじゃないか?」と感じる人もいるかも知れません。

事実障害死亡・後遺障害の500万円というのはかなり少ないほうです。確かにクレジットカードの海外旅行保険には3000万、4000万円、中には1億円なんてのもありますからね。

ただ保険というのは実際に使うものが大事です。調べてみると海外旅行保険でもっとも多く保険金が支払われているのは治療費で全体の7割に達します。そして携行品保証がそれに続いています。

エポスカードの場合はその点、使える保険の金額が高いです。怪我した場合の障害治療費は200万円、病気の際の保障にである疾廟治療費は270万円もついています。これだけでも治療費のかなりの部分をカバーできるはずです。

携行品傷害にしてもも20万円とよほど高級な物を持ちあるかない人であれば結構十分な数字でしょう。

これに近い保障内容の海外旅行保険が付いたカードというのは、年会費が必要なゴールドカードなどにはあるにはあります。エポスカードでこの保障を手に入れられるってのは本当にありがたい。

カードの海外旅行保険は出国日から3ヶ月までですが、これは一般的な旅行なら十分な期間。しかも一度帰国すれば保険にかかり直せるので、自分はもうお金を払って海外旅行保険に加入することはなくなりましたね。

キャッシュレス診療も使える

またエポスカードの海外旅行保険には、現金を持たずに診察を受けられるキャッシュレス診療というシステムがついています。

これは病気になった時に、保険会社が提携している病院を手配してもらうことで、自分で治療費を支払ったり、あとで保険金の請求をするなどといった面倒な作業をなしで治療を受けられるというものです。

一時的にしろ海外の高い治療費を自分で払うというのは嫌なもの、つい病院に行くのをためらってしまうかも知れません。でもキャッシュレス診療でお金を支払うことなしに病院に行けるとなると、その心配がありません。安心感が全然違います。

使えるのは提携している病院だけなので、大都市以外は使える場所は少ないです。ただ自分がタイのバンコクでお腹を壊した時には、通訳付きで診察を受けられるという高待遇。

海外で腹痛になったらどうすればいい?タイで病院に無料で行けた時の話

しかも費用がどのくらいかかるのか、など体調が悪い時に余計なことを考えなくて済むので、心理的にかなり楽でした。キャッシュレス診療、あるとかなり安心です。


海外旅行保険が自動付帯

海外旅行保険には、海外に出国した時に自動で保険がかかる自動付帯。そしてクレジットカードを使った時に保険がかかるようになる利用付帯とがあります。

利用付帯のクレジットカードの場合、うっかり使い忘れて保険がかからないなんてことも有りえます。その点、自動付帯の保険なら海外に出た時点で自動で保険がかかるので、基本的にはこっちのがいいんですよね。

同じように年会費無料で、そこそこ優秀な保険が付いているカードと言えば、楽天カードなんかもあります。でもこちらは出国する前にカードで交通費の支払いをしないと保険がかからない、というような条件があり、うっかり忘れるってこともありえます。保険が自動付帯。これもエポスカードのメリット。

このように色々手厚い海外旅行保険が付いたエポスカードを手に入れてからは、お金を出して海外旅行に入るというのはなくなりました。今も基本的にカードの保険で海外旅行保険はまかなっています。

エポスカードは組み合わせがしやすい?旅好きにオススメな理由2

エポスカードの海外旅行保険の保障内容がいいというのはわかってもらえたと思うのですが、なにより嬉しいのがこの保障内容で年会費無料ということですね。

そのためエポスカードではもう一つ海外旅行保険付きカードの組み合わせをしやすいというメリットがあります。

実はクレジットカードに付いている海外旅行保険は、一部の内容を除いて保障金額が合計されるので、複数カードを持つメリットがあるんですね。

海外旅行保険付きカードの組み合わせの実例

例えば同じく海外旅行保険付きで、年会費無料の横浜インビテーションカード(ハマカード)と組み合わせた場合。保険金額は下の表のようになります。

保障内容 エポスカード ハマカード 合計
傷害死亡・後遺障害 500万円 2000万円 2000万円
傷害治療費 200万円 400万円 400万円
疾廟治療費 270万円 200万円 470万円
賠償責任 2000万円 2000万円 4000万円
救援者費用 100万円 200万円 300万円
携行品損害 20万円 20万円 40万円

まず傷害死亡は2000万円、傷害治療費が400万円、疾病傷害が470万円、携行品損害が40万というような金額まで保障されることになります。要は傷害死亡以外の保障金額が合計されるというわけですね。。

カード1枚では足りない?カードを複数持つ理由

勘違いしてはいけないのは、合計されるのはあくまで支払われる合計金額なのでたくさんカードを持っているから、保険金が倍受け取れるとかそういう話ではありません。保障される金額の最大値をあげるという話です。

これはちょっとした風邪や食あたり程度で病院に行く場合には使うことはありませんが、もしもの時に力を発揮します。

医療費が100%負担となる海外では、大きな病気や事故をすれば医療費は跳ね上がります。これはタイなど医療制度が充実していない国では、病気の場合はシンガポールなど医療の充実のしている国に緊急搬送されることがあったり、アメリカのようにそもそもの医療費がバカ高かったりするからです。

目安としてアジアなどでは医療費として用意しておきたいのは300万から500万程度。アメリカだと1000万レベルは欲しいとも言われています。この金額にクレジットカード1枚の保険で届かようとすると、高い年会費を支払うことになっちゃいます。

こうした金額はあくまでもしものため。その点年会費無料エポスカードなら他のカードの保障内容にプラスしやすいんですね。複数の無料カードを組み合わせて、メインカードの海外旅行保険のちょい足しに、年会費無料のエポスカードはとにかく使い勝手がいいです。

自分自身、今は他のカードをメインカードとして使っていますが、それでもサブカードとして常に持ち歩いています。

エポスカードの公式サイトをチェックする

外貨の引き出しがしやすい旅好きにオススメな理由3

外国に滞在している場合、多くの場合現地通貨を用意する必要があります。

現地通貨を用意するには日本円を持ち込んで両替するという手もありますが、自分はカンボジアで現金を盗まれて以来、何かあっても泣き寝入りになる可能性の高い現金をあまり多く持ち込むことはなくなりました。

今、自分自身が現地での主な現金の調達手段として使っているのはクレジットカードでのキャッシングです。

キャッシングという言葉だけであまりいいイメージを持っていないという人も多いかも知れませんが、実は海外キャッシングにはレートがいい手数料が安いなどのメリットがあります。

利息がかかることを考えても現地通貨を確保する方法としては、実はかなりオススメの方法なんですよね。

エポスカードなら繰り上げ返済で利息を安くできる?

ただ海外キャッシングを利用した場合、返済するまでに利息がかかってしまいます。しかしその点エポスカードなら請求書が来る前に支払いができる繰り上げ返済を使うことで、この利息も最大限に安くすることができるんです。

実際の手順としては

  1. 海外キャッシングをした3、4日後にエポスカードのコールセンターに電話する
  2. 振込する日付を決める
  3. 銀行振込で返済する

とするような形。

日本に電話をする必要があるというめんどくささはありますが、ATMの使用料だけで利息は0.2,3%で済んでしまうのは嬉しいです。

自分の場合は、ネットだけで返済を完結することができるセディナカードを優先して使ってはいますが、それだけでは賄えない時のためにエポスカードを使ってますよ。

エポスカードは発行が早い?旅好きにオススメな理由4

エポスカードの売りの一つとして、発行スピードの速さがあります。特に場合によっては申し込んだ日のうちにカードを受け取れる「即日発行」というものがあるのはすごいですね。

これはネットで申し込みをすると、早ければ数分後に結果がメールで届き、その結果次第ではその日のうちに全国のエポスカードセンターでカードを受け取ることができるというもの。

だいたいのクレジットカードはどんなに早く発行されるところても1週間以上はかかりますが、これがその日のうちに受け取れるとなると選択肢の幅が広がります。

例えば出発直前になって

明日、海外に行くのに海外旅行保険ありません!!

なんてことに気づいた人の場合でも、即申し込みをして審査に通りさえすれば、空港に行く途中でエポスカードセンターでカードを受け取って海外保険を手に入れるってことも不可能じゃないはず。

もちろん審査の状況によっては即日発行できないこともありますし、そもそも余裕を持って準備しておくに越したことはないです。

とはいえうっかり準備をし忘れたいたなんてことはどうしてもありますし、そういう時に対応しやすいのはいいですね。

最短即日発行エポスカード公式サイト

まとめ

エポスカードは年会費無料でありながら、高い疾廟治療費やキャッシュレス診療など海外旅行保険が非常に充実しているクレジットカードです。

単体でも優秀なカードですが、1枚では力不足を感じる時もあります。弱点をカバーするにせよ、メリットを伸ばすにしろ、一番力を発揮するのは他のカードと組み合わせた時。年会費無料なため、とにかく他のカードと組み合わせやすいのも重要なポイントですね。

エポスカードのここが良い!
  • 海外旅行保険の治療費が高い
  • キャッシュレス診療が使える
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 年会費無料で組み合わせがしやすい
  • 外貨のキャッシングで利息が安い
  • 発行が早い

複数組み合わせて、必要な保障金額を確保するための1枚として。年会費ありのカードに保障金額を足すサブカードとして。安心を多少の手間だけで手に入れられるエポスカードは1枚作れば海外へ行く人の強い味方と言えそうです。

エポスカード
使ってわかったエポスカードのいいところ
・優秀な海外旅行保険
・年会費無料
・キャッシュレス診療が使える
・海外旅行保険自動でつく
・外貨のキャシングに便利
・発行が早い
オススメ度

公式サイト