ラオス

ラオスの物価ってどんなもの?節約トラベラーの滞在費は8日間で2万以下だったよ

タイの北部、ベトナムの西側に位置する国ラオス。国名を言われて何がある?って言われても思いつかないほど、地味〜な印象のある国です。

しかしそんな何もなさが逆に受けてか、「古き良きアジア」を求める旅人たちには人気の目的地で、特に欧米の旅人などに話を聞くと東南アジアで一番良かった」と評されるのを耳にすることも多く国だったりもします。

しかしそんな旅人たちから同様に聞かされることが多いのが「意外と物価が高いよ」という話だったりします。

でもラオスってアセアン諸国でも所得規模ではカンボジアについでワースト2位の国。平均月給でみると2万円ちょっとという国です。これで本当に物価が高いなら地元の人は結構辛いんじゃないの?という疑問が出てきます。

というわけで実際のところどうなのか。今回は、自分がラオスに8日間滞在した滞在費を実際に振り返りながら、ラオスの物価がどの程度なのか、を見ていきたいと思います。

節約トラベラー8日間の滞在費は17000円

まず最初に言ってしまうと、節約型の旅人が8日間で支払った滞在費は全部で1284000キップ128万4千キップでした。

内訳としては

  • 宿泊費=350000キップ=4605円
  • 飲食費=549000キップ=7300円
  • 交通費=110000キップ=1460円
  • アクティビティ費用=75000キップ=530円
  • 治療費=200000キップ=2650円

で合計128万4千キップですね。

ひゃくにじゅうはちまん…

と聞くと桁が多すぎて頭がクラクラしてしまいそうな感じですが、だいたい行った当時のレートで1円=75ラオキップというものだったので、日本円で言うとだいたい17000円くらい。ラオスはベトナムと同じでインフレが進みまくってしまったせいで桁数がものすごいんですね。

物価高い、安い?

8日間滞在して17000円。これは高いと感じるでしょうか、安いと感じるでしょうか。

この辺りの感覚は人によって異なるとは思うのすが、大抵の日本の人であれば安いと感じるとは思います。

確かに日本人的な感覚で言うと、安いです。ただ節約トラベラー的な視線でタイやベトナムなどと比較すると…

あれ、確かに高いかも!?

ラオスの宿泊費ってどのくらい?

宿代はどんな旅行でももっともお金のかかる部分。また物価の差も顕著に出やすいところでもあります。

今回は8日のうち、5日はラオスの首都ヴィエンチャンに、残る3日は観光地としても有名なバンビエンに滞在しました。

総合的にタイあたりと比較すると、確かに同じクオリティだと少し高いかな?という感じはありました。順に見ていきましょう

首都でのドミトリー宿泊費

さて節約型の人が泊まることの多いバックパッカーのドミトリールーム。個人的な印象ではタイと比べると平均価格が100円くらいは高いかなという印象。

自分がヴィエンチャンで泊まったのはBackpacker garden Guest houseというバックパッカー。一晩一泊40000キップ。日本円に直して500円ちょっとのバックパッカーです。

それぞれの部屋にクーラーがあり、広い共有スペースと朝食が付きという部屋のためバックパッカーのランクとしては中の下くらいといったところのホステル。

バンコクより少し平均価格が高い?

個人的には十分なクオリティで、安いなと思ってはいるのですが、同じお金を出せばタイのバンコクでも少しおしゃれなところに泊まれるんじゃないかな?という印象。

[colwrap] [col2]

agodaでのタイバンコクの最安ホステル

[/col2] [col2]

ホステル価格はビエンチャンの方がわずかに高いバンコクと同じ日のビエンチャンのホステル最安値

[/col2] [/colwrap]

実際、予約サイトのAgodaで適当に日付を決めて最安値を調べてみると、タイのバンコクは最安値が一泊300円。ラオスのビエンチャンは最安値が420円と100円ちょっとの違い。

おそらくバックパッカーだけで見ると、同じランクだとタイよりは50円から100円高いということになりそう。といってもともとが安いので誤差の範囲かな。

首都ビエンチャンのホテル代とタイとの比較

ではホテルの価格だとどうでしょう。安いホテルで言うと、ビエンチャンなら2000円以上だすようにすれば、日本人の女性でもなんとか許容できそうなホテルを町中心部で取ることができる。

バンコクで同じ値段で都市中心部というのはかなり厳しく、少し離れたところに宿泊せざるを得ない。ただ都市部を外れれば同じ値段でより高いクオリティのサービスを受けることはできるはず。

バンコクは国際的な大都市ということもあって、一泊10万近い5つ星ホテルがあるの対し、ヴィエンチャンは一番高いところでも2万円に届かないくらい。だから首都ヴィエンチャンとバンコクのホテル代の平均価格を比較すると、これは圧倒的にバンコクが高いでしょう。

そのため都市部へのアクセスと値段だけで言えば、おそらくビエンチャンの方が安く感じるはず。

しかしサービスという点で考えると、ヴィエンチャンはラオスの首都でもタイの地方都市程度の規模しかないので、正直ちょっと今ひとつと感じるかもしれない。

結論:ホステルに泊まるなら割高、ホテルに泊まる人なら安い

ラオスで食費はどのくらいかかるの?

ラオスでの食費を一言でまとめると、「タイよりはコスパは悪いが、ビールは安い」

かかった食費は一周間で549000キップ。日本円で言えば7500円くらいです。

一般的なレストランや、ホテルなどでコースを食べるとだいたい一品が800円〜1000円くらいといったところ。

ラオスのホテルでのラオス料理ホテルのルーフトップバーで頼んだラオス料理盛り合わせ。セットで80000キップ(1000円程度)

大人二人で観光客向けのレストランに行って、食事をするとすれば2000円以上はかかると考えていたほうが良さそうですね。

ローカル向けのレストランで食べるとだいたい最低で250円くらいのとこが多く、滞在中見つけた中でもっとも安かった食事は10000キップ(130円)ほどの屋台のラオス焼きそば。ただラオスの屋台は海外に慣れている人でもちょっと衛生的に気になるって人も多いので注意が必要。

ラオスのビールは超安い

ただラオスは国産ビール、ラオビアを作っているだけあって、ビールは安い!

ホテルのルーフトップバーから見たメコン側に沈む夕日ルーフトップバーからみたメコン側の夕日。

メコン川に沈む夕日を眺めることができるルーフトップバーでもビールは一本5000キップ日本円で一本60円くらいでした。

飲み過ぎ注意ですね。

他の東南アジアの国と比べて高い?安い?

ではラオスの食事の値段はほかの東南アジアの国と比べてどうなのか。

ローカル向けレストランの値段で比べると、バンコクだと安いレストランで40バーツから60バーツ程度。日本円で言えば120円から180円程度。ベトナム、ハノイのローカル食堂で定食が150円くらいと考えると、食事の値段はちょっと高い。

残念ながら率直な印象として、ラオスの食事はお世辞にもいいものとは言えませんでした。

そもそもローカルの食事が香辛料が鮮烈で楽しいタイ料理や、あまり辛くなく日本人好みのベトナム料理に遠く及びませんし、外国料理は他の国以上に値段は高いです。

結局同じ値段を出してもクオリティが劣るものを食べることになるので、食事のコストパフォーマンスは東南アジアの中では低いと言えそうです。

結論 食事はタイの方が安くてうまい

ラオスでは交通費はいくらくらいかかった?

自分は8日間のラオス滞在中、ヴィエンチャン→バンビエン→ヴィエンチャンと移動。行きはミニバン、帰りはバスを利用して移動しました。

都市間移動にはいくらかかった?

ミニバン代 ビエンチャン→バンビエン 45000 キップ(600円)

バンビエンに行く時にホステルに手配してもらったバン。

宿の前で迎えてくれて、降りる場所も町の中心部だった。同じ会社のミニバンを使用しても、手配してもらった会社によって結構値段が異なります。

バス代(バンビエン→ビエンチャン)35000キップ(460円)

バンビエンから帰ってくる時に利用したバス。ミニバンより安かったが、古いヒュンダイのバスで乗り心地も悪く、ビエンチャンでも到着地点から6キロほども離れた郊外のバスセンターに降ろされた。

そこから先はトゥクトゥクなどを使わなければならず、追加で15000〜20000キップは必要。合計では50000キップ程度。

バイタク・トゥクトゥクの値段はいくらくらい?

空路でビエンチャンにたどり着いた場合、町に移動するには空港でトゥクトゥクなどを拾う必要がある。

トゥクトゥクの値段は空港から市街までだと40000キップ程度請求されることが多いそう。そこから考えると1キロ5000キップ程度と考えると、実際に近そうです。

ラオスはベトナムなどと比べて、さほどぼったくりはないように感じますが、空港とバス乗り場周辺のトゥクトゥクだけは別。下手すると5倍、10倍の値段をふっかけてくることはあります。

結論:交通費は日本よりは安い、タイ、ベトナムよりは高い。

アクティビティ費用

ラオスで自転車をレンタルするにはいくらくらいかかる? 

現地滞在中の町巡りのためにヴィエンチャンで二日、バンビエンで1日自転車をレンタル。内訳としてはヴィエンチャンが1日10000キップ(130円)。バンビエンで1日15000キップ(200円)

観光地でのレンタルサイクルの値段としては可もなく、不可もないといった感じ。タイのパイやベトナムのサパも似たようなもの。

観光地での入場料やアクティビティなどはいくらくらい?

バンビエンにある青い池ブルーラグーン、ビエンチャンにあるタートルアン、サーサケットの入場料として三箇所で20000キップを払った。

観光地に行くと入場料は観光客向けのぼったくりという国がところが多いなか、一箇所5000キップ、10000キップといった比較的良心的な値段が多かった。凱旋門などは無料。

ラオスの凱旋門

こうした政府が管理していたり、自国民が訪れる可能性がある観光地は安いが、完全に観光客向けのアクティビティは高め。

バンビエンなどでは気球での遊覧飛行80USドルなどの広告を見かけることもあった。

ラオスでの医療費はいくらくらいかかるの?

まったく予想していなかったことですが、ラオスのバンビエンでパイナップルにあたり病院にかつぎこまれました。

病院に行ったのは夜の10時近く。予想に反してちゃんと当直の医者はいて、患者も少ないため即診察となりました。しかし医者の反応は「よくわからないけど、とりあえずお腹の薬だけは出す」というだけのもの。結局UNESCOのマークがついた薬を1週間分だされて、料金は20万キップ日本円で2600円くらいということになりました。

聞くところによると社会主義国家であるラオスは、医者の診察費は請求されないため、支払わなければいけないのは実費のみ。今回のケースだと薬代だけということでした。

しかし手術などをすることになれば、包帯や縫い糸までも実費負担らしく、かなり高額になる可能性があります。値段だけでなく、医療技術的にも正直あまりいいとは言えないので、深刻な症状になりそうな場合には国境を超えたタイのノンカイなどで治療を受けられるように手配したほうが良さそうです。

まとめ

今回8日間の滞在でかかった総額は128万4千キップでした。

全体的に見てラオスは日本の旅行者からしてみれば、十分に安い国ですがタイなどに比べれば若干高い国であると言う印象。

少し高い値段を払い、サービスの質も特にタイと比べると落ちるので、その分のコスパはやはり悪く感じられます。

とはいえラオスの魅力はネットの速さとか、食事の美味しさとかではなく、手付かずの自然と素朴な人々にあるように感じられます。

「何もない」が人気のラオス。長い旅に途中、少しリラックスしたい時に訪れるのにいい国なのかもしれません。