ベトナム

ベトナムで英語は通じるの?言葉が通じない時の対策を教えるよ

ベトナム旅行に行くつもりだけど言葉って通じるんだろうか?って不安ですよね。

ベトナムにはベトナム語という言葉があります。しかしベトナム語と言われても、一つの単語もわからないって人がほとんどでしょう。

ならば次に思うのが英語は通じるんだろうか、ということ。日本語が通じなくても、英語ならカタコトでいけるから英語が通じればなんとかなりそうな気がしますよね。

でも実際のところベトナムで英語は、通じるんでしょうか?

ベトナムで英語は通じるのか?

ベトナム旅の期間中、これまで自分が抱いていた英語万能説が揺らぐ経験というのに結構出くわすことになりました。

まずハノイのような都会ですら英語が通じない。セントジョセフ教会がある周辺の旧市街と呼ばれるような観光エリアにあるお店でも、少しローカル色の強い店は一切英語が通じなかったりする。ましてや少し地方都市に行くとこれはもっと顕著で、もう全然通じない。それも水(Water)やトイレ(bathroom)のような簡単なレベルの単語ですら通じる気配は0なんですよね。

かと思えば、サパやホイアンのような観光都市ではレベルの高い英語を喋る人も結構います。というか観光客の行くような店は、レストランからバー、お土産屋さんに至るまで英語が喋れる人で溢れているんですね。

どんなところで英語が使えるのか

自分のベトナム滞在の間の印象を一言でまとめると、レベルに大きな格差があり、喋れる人は観光地に集中している、という感じになります。

  • 観光地や大都市の観光客向けエリアにあるレストランやカフェ
  • 大都市、観光地にあるホテルやホステル
  • 空港
  • その他、観光客向けの施設

などでは英語を話せる人を見つけることができますが

  • ローカル向けのレストランやカフェ
  • バスやタクシーなどの公共交通機関
  • 警察などの政府機関

など、観光地区から一歩離れてしまえばとたんに英語は通じなくなります。

ホイアンのローカルマーケットでは英語を喋る人は少ないホイアンのローカル向けマーケット。観光地区から遠くないが、英語の理解度は低い

観光地というのがどこか具体的にあげるとすれば

ハノイの旧市街、ホーチミンの一区、ダナンのミーケービーチ周辺、ホイアン川周辺、ハロンベイ中心街、フエ新市街、サパ、ダラット、フォンニャ・ケバン、ニッチャンなどの有名どころといった感じになります。

どんなとこで英語が通じるの?

では空港やホテルなど、ベトナムのどんな所で英語が通じるのか、細かく見ていくようにしましょう。

【英語○】観光地や観光エリアにあるレストランやカフェ

寒いカフェやレストラン、ホテルに対応するためには暖かい服装が必要だ。多くの観光客が訪れるフエのカフェ。(iphneSE)

観光地や、大都市の観光エリアには観光客向けに作られたレストランやカフェが多くあり、こうした店では英語は100%通じます。こうした店は英語で書かれたメニューを表に出していたり、明らかにおしゃれな作りになっているのですぐにわかるはず。

その代わりこうした観光客向けのレストランは、ローカル向けのレストランに比べて2〜5倍程度の料金設定になってるところも多いですね。

【英語○】観光地、大都市のホテル・ホステル

地方なら2000円程度のホテルでも質は高い3000円程度で宿泊できるホイアンのホテル。観光地のホテルは英語は通じやすい

観光地や大都市のホテルなどは間違いなく英語は通じると考えて大丈夫。

ベトナムはバックパッカー人口も多いので、高級ホテルに限らずホステルも多くこちらも英語が通じます。

もっとも安心して

【英語○】空港

空港内のショップやツアーデスクなど、空港施設内のスタッフのほとんどは英語が通じます。

ただ一部の少し年齢層の高めな入国管理官などの空港職員の中には喋ることができないか、相当に癖のあるベトナム英語を話すものもいます。

ハノイのノイバイ空港。ツアーデスクやファーストフード点などでは英語は通じるハノイノイバイ空港(IphoneSE)

 

ハノイノイバイ空港(iphoneSE)

 

とはいえ入国管理官と話をせざるをえなくなるのは、他の国で入国審査で引っかかるなど、過去に問題があった人だけです。

日本人の場合は15日間ならビザなしで入国できますし、通常の観光で訪れた場合にはほとんど入国管理官と言葉を交わすことすらなく、国境を通過することができるでしょう。

15日以上の滞在、アライバルビザの所得には注意が必要です。

ベトナムビザを取得する時に気をつけたいこと

どんなところで英語が通じない?

【英語×】ローカル向けのレストラン、カフェ

たとえ大都市や観光地であっても、ローカル向けのレストランは英語はほぼ通じません。こうした店は料金表示もないほか、あっても全てベトナム語、客層も現地のベトナムの人しか入っていないので見てすぐわかるはずです。

観光地であっても英語が通じない屋台も出るフエの中心のチェーの屋台。英語はほとんど通じない

ただローカル向けの店は英語が通じない代わりに値段はかなり安く、クオリティが高いところなんてのも多いです。

写真の店は冷やしスープ「チェー」が1万ドン。周辺の観光客向けの店では、これより量も質も悪いものが5万ドン以上で売られています。

【英語×】地方のホテル、モーテルなど

観光都市ではない地方都市を訪れた場合は、三つ星、四つ星クラスでもまともに英語が喋れるスタッフがいない場合も多いです。

また旅館、モーテルと言った意味のある安宿ニャギに泊まろうとする場合も英語は通じない場合がほとんどなため、予約する際にも気をつける必要があります。

【英語×】公共交通機関

ホーチミンやハノイ、ダナンなどの大都市ではローカルが利用するバスが運行しています。

サイゴン空港から市内行きのバス。2万ドン(IphoneSE)

 

ノイバイ空港からハノイ市内へのバス7000ドン(IphoneSE)

 

これらはほぼ英語は通じないですが、乗り場さえ見つけることができれば支払いと引き換えにチケットをくれますのでぼったくりにあうことはさほど多くありません。(チケットをくれなければぼったくりの可能性あり)

陸路で都市間を移動する場合は注意が必要です。鉄道は駅員などに英語を喋れる人が多少いることもありますが、バスの場合はハノイのような都会のバスターミナルですら、まったく意思が伝わならないということも珍しくありません。

特に運転手などはまったく英語を話せない人間も多く、同乗している車掌も言えるのは料金だけ(しかもぼったくり)なんてこともよくあることだったりします。

いずれにせよ移動に関わる施設では、英語も日本語も通じないケースは多いので、相手に見せるために目的地の地図を印刷して持っていくか、地図アプリなどをダウンロードしておくなど、下準備をしておくことをおすすめします。

【英語△】タクシー

ノイバイ空港のタクシー乗り場歩いていると、英語で声をかけられるノイバイ空港正面タクシー乗り場(IphoneSE)

ただどういうスタイルの旅をするにせよ。問題になりうるのが、タクシーのドライバーです。

空港などにいるタクシー運転手でも、英語はろくすっぽ話せないなんてこともよくあります。

なんとなく英語っぽい言葉をいうからと付いて言ったら、喋れるのは数字とマネーだけだったとかいう笑い話にもならない笑い話もあります。

英語× 警察官

交通取り締まりを行う交通警察。彼らはほぼ英語はしゃべれない(IphoneSE)

起こっては欲しくないことですが、もしベトナムで窃盗など犯罪の被害にあった時、警察に行かなければならない状況が出てくるかもしれません。しかしベトナムでは警察に英語はまず通じません。「ハロー」以外の言葉は知らないということもザラです。

日本食レストランの言語事情

上でも話しましたが、学区によってはベトナムでは第2言語を日本語にしている学校があります。またハノイやホーチミン、ダナンやフエなどでは、大学の外国語学校に日本語学科がある場合があり、それらの地域の日本食レストランには、日本語を喋れるスタッフや学生バイトが勤務している場合があります。

短期旅行の人がベトナムで日本食をというのは少ないかもしれませんが、少し「日本語が恋しくなった」という人はこうした店を訪れて見るのもありかも知れません。

POCKETALK(ポケトーク)

ベトナムは片言の英語と日本語でも楽しめるのか

親日的なこともあり、日本語を第2言語として学んでいる人も増えてはいるベトナムですが、普通に旅行している限り出会う機会はさほど多くなく、やはり多少なりとも英語が喋れる必要は出てきます。とはいえ、観光だけならさほど高いレベルの英語は求められないので、それほど心配はすることはないでしょう。

英語が通じる場所は増えている

しかしベトナムは年20%とも言われる急速な勢いで外国人観光客が増えている国。観光に関わる仕事も増え比例して増加していることから、仕事を得るために英語を学習する人も増え続けていて、サパやホイアンなどの観光地であれば多くの人が英語を話すことができるため、英語だけでも苦労することはないでしょう。

しかしホーチミンやハノイ、ダナンと行った都会でも英語がしゃべれる人は一部の観光向けのエリアや施設に集中していて、一歩離れると都会ですら急に買い物をすることも難しい状況に陥ることがあります。ただ近年の英語教育熱の高まりもあって、学生が集まるエリアでは多少のコミュニケーションが取れる人間がいることもあります。

地方都市では英語だけではコミュニケーションがとれない

またベトナムの地方都市を訪れたいというような思いがある人の場合、英語だけでは生活は難しいのが事実です。

一番いいのはGoogle Translateなどの翻訳ソフトを活用すること、そして多少なりともベトナム語を話そうとする意思を見せることです。

Google Translateはどんどん翻訳の精度が上がっていますし、英語が使える人であれば日本語からベトナム語よりも精度の高い、英語からベトナム語の翻訳を使うこともできます。

またベトナムの人は言葉が通じないとわかると、すぐ面倒くさがる傾向が強いのも事実ですが、一方で自分たちの言葉を喋ろうとしている人に対して急に優しくなることもあるのもまた事実です。

指差し会話帳のような簡単な内容でも、十分に意思疎通を図れるので、オススメです。

僕の場合は荷物を増やしたくないので、Kindle版を活用しています。