ベトナム

ベトナムのお金ドン(VND)に関わる疑問を全部解決!旅行前に知りたい通貨と防犯の話

ベトナムドンは10種類が流通している

海外旅行に行く時、一番気になるなのはお金のことですよね??

特にベトナムの通貨ベトナムドンはこれが、とにかく桁が多くてわかりにくい!んです!!

 

屋台で食事をすれば 2万と言われ、1万円を両替すればなんと

2000000(二百万)

という額の紙幣が渡されてしまいます

いきなり2百万とか言われても。もう、数字がでかすぎてわけわからないじゃないですか?

だから空港に到着した直後にぼったくりの被害を受けた!なんてのも結構聞く話だったりするんです。

 

でもベトナムは現金社会。カードも少しずつ使えるようにはなってきているとは言え、それでもまだまだ使える場所は限られます。ベトナムに旅行に行こうと思うなら、現金に慣れるのは必須なんですね。

と、いうわけでこの記事では、自分がベトナムに滞在した時の経験から

などをお話して

についても解説していきます。

 

ベトナムの通貨ベトナムドン(VND)とは

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/12/旅ネズミ顔アイコン.png” name=”ゆーと” type=”l”]ベトナムドンは1円が200ドンなので、2万ドンが100円くらいだと覚えていくといいよ[/voice]

 

ベトナムで使われているのはDong(ベトナムドン)というお金です。

 

日本円とベトナムドンを比較すると、変動はあるもののだいたい1円が200ドンくらい。現地でよく使う紙幣で言うと1万ドンで大体50円くらいです。

ベトナムの通貨ドンと日本円。価値は1円200ドン。50円がおよそ1万ドンにあたる1万ドンがおよそ50円に当たる

桁が違いがありすぎてわかりにくい。できれば使いたくないとこですが、

でもベトナムは現金社会。現金を使わないですごすのは、正直かなーり難しいです。

ベトナムに行くなら現金の使い方を覚えておく必要があるんですね。

ベトナムの紙幣の種類

さてベトナム国内で一般的に流通しているのは高額なものから50万ドン、20万ドン、10万ドン、5万ドン、2万ドン、1万ドン、5000ドン、2000ドン、1000ドン500ドン10

[colwrap] [col3]

ベトナムドンの高額紙幣、上から50万ドン、20万ドン、10万ドンベトナムの高額紙幣。上から50万ドン、20万ドン、10万ドン

[/col3] [col3]

ベトナムドンでの使い安い紙幣、上から5万ドン、2万ドン、1万ドンベトナムで一般的に使用頻度の高い紙幣。上から5万ドン。2万ドン、1万ドン。

[/col3] [col3]

ベトナムの小額紙幣日本円で言う小銭の感覚日本でいう小銭。上から5000ドン、2000ドン、1000ドン。

[/col3] [/colwrap]

と言っても500ドン紙幣は、インフレにより1ドンの価値の安さが下がりまくったことと、細かい計算をするのがめんどくさいためか、小さい店などでは1000ドン以下は切り下げになることの方が多いかも。

500ドン紙幣。スーパーなどでは1000ドン以下は切り捨てになることも多い500ドン紙幣。北部、中部では流通が少なく、釣り線としてもらったのは6ヶ月で2度だけだった

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/12/旅ネズミ顔アイコン.png” name=”ゆーと” type=”l”]6ヶ月いて、500ドンをお釣りでもらったのは二回だけ1000ドン以上が普通に使うお金って考えて間違いじゃないかな[/voice]

ベトナムドン(VND)は日本円でいくらなの?

ではそのドン。いったいどのくらいの価値があるんでしょう。表にしてまとめておくと

500000ドン(50万ドン) 2500円
200000ドン(20万ドン) 1000円
100000ドン(10万ドン) 500円
50000ドン(5万ドン) 250円
20000ドン(2万ドン) 100円
10000ドン(1万ドン) 50円
5000ドン 25円
2000ドン 10円
1000ドン 5円
500ドン 2.5円

こんな感じ。

額が大きいから、数字を見ていると最初はクラクラするかもしれないんですが、日本円の価値に直すとさほど高くないってのはわかりますね。

ただ月給で3万円、4万円という人が珍しくないベトナムでは、50万ドンだとかなりの高額紙幣です。小さい店なんかでは

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/08/20170617-P1100882のコピー.png” name=”ベトナム人店主” type=”l”]お釣りないから使えないわよ[/voice]

なんて断られてしまうこともあったりします。

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/12/旅ネズミ顔アイコン.png” name=”ゆーと” type=”r”]ローカルのお店に行くなら、使いやすいのは5万ドンとか、10万ドンとかになるかな?[/voice]

ベトナムドンの一番楽な計算法ってなに?

さてレストランやタクシーなどでお金を支払う時に知りたいのが、日本円でいくらくらいなんだろう、ということだと思います。

もちろん200で割ってしまうことができればそれでいいんですが、これをとっさに計算しろって言われても難しいって人も居ますよね。はい、僕です。

ベトナムドン(VND)が日本円でいくらか計算するには

 

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/12/旅ネズミ顔アイコン.png” name=”旅ねずみ” type=”l”]

  • 0を二つとって2で割る
  • 0を3つとって5をかける

[/voice]

この二つを覚えて置くと便利なんです。

下二桁を削って2で割る

レストランなど料金が表示されている場所なら下二桁を削って2で割る方法が一番簡単。

[aside type=”boader”]
500000ドン→5000→5000÷2 =2500円 [/aside]

のように計算するわけですね。

計算式が一番単純なので、計算が苦手な人だって人でもOKなはず。基本はこれを覚えておけば大丈夫です。

0を3つ削って5倍する方法

でもバイクタクシーでお金を支払う時や、市場で買い物をする時、ローカルの店でやりとりしている時など、言葉で値段をやりとりしないと行けないことってよくあります。

こんな時には、ベトナムドンから0を3つのけて5倍するという計算方法を覚えておくと便利。

[aside type=”boader”]
120000ドン→ 120×5=600円[/aside]

ベトナム語でも英語でも、1万は千が10個(Ten thousand)というような表現をします。でも桁数を言うのってめんどくさいので、口頭では1000(Thousand)の部分を省略した形、つまり最初から3桁省いた形で言うことが多いんですね。

つまり、5000ドンなら5(Five,năm)50,000ドンなら50(Fifty,năm mươi)、500,000ドンなら、500(Five Hundred,năm trăm)みたいな感じですね。だからそのまま5倍すれば日本円での価値がわかります。上の表でもわかる、それぞれの価値は25円、250円、2500円くらい。あってますよね。

ベトナムで店の人とやりとりする時は英語が多いと思いますが、英語で

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/08/20170617-P1100882のコピー.png” name=”ベトナム人店主” type=”l”]


[/voice]

と聞いて120だと理解できたら、そのまま5倍して600円とわかります。ただそれもやりにくいと感じる場合は0を1つ足して1200としてから2で割ってもかまいません。

[aside]フリーの計算アプリを活用しよう

もちろん。こうした計算はおおまかに計算しているので、当然ズレもあります。正確な金額を求める場合はスマホ向けの通貨計算アプリをおすすめします。

[colwrap] [col2]

Currency
Currency
Developer: Jeffrey Grossman
Price: Free+

[/col2] [col2]

Currency Converter Plus
Currency Converter Plus
Developer: Kaspre Invest
Price: Free+

[/col2] [/colwrap]

僕自身Currency Converter Plusを使用していますが、相手に数字で金額が見せられる計算アプリは、言葉が通じない相手との交渉に役立ちます。一つはダウンロードしておくのがおすすめです。
[/aside]

計算方法についてまとめた記事はこちら

お金を使う時に役立つベトナム語での数字の表現

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/12/旅ネズミ顔アイコン.png” name=”旅ねずみ” type=”r”]ただベトナムの人は、英語は数字もわからないって人もいるんだ。ベトナム語の数字表現を知って置くと楽になるよ![/voice]

ベトナムでは英語の数字も言えない人もいるので、数字だけでも覚えておくとやりとりは楽になります。

と言っても、さっき言ったようにベトナムでは一番やりとりする機会の多い1万ドン代10万ドン代は省略した形でいうことがほとんどなので、10の位の数字と、100の位の表現を知っておけばそれで十分です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
một hai ba bốn năm sáu bảy tám chín
モット ハイ ボン ナム サウ バイ タム チン

ベトナム語では

[aside type=”boader”]
1〜9までの数字書×10もしくは100を意味する数字 [/aside]

で10の桁、100の桁を数字を表現します。

ベトナムで10を意味する言葉はmười(ムオイ)、100を意味する言葉はtrăm(チャン)なので

Ba mười(バ ムオイ)

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/08/20170617-P1100882のコピー.png” name=”ベトナム人店主” type=”l”]

[/voice]

と言われたら303万ドン

Hai trăm năm mười(ハイ チャン ナンムオイ)

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/08/20170617-P1100882のコピー.png” name=”ベトナム人店主” type=”l”]

[/voice]

と言われれば25025万ドン

となります。

百万ドン代には、triệu(チュウ)という別の言葉もありますが、旅行にきて100万ドンを取引するような相手は英語が話せることが多いので、ここでは割愛します。

最初に覚えておくべき数字

ただいきなりたくさんは覚えられないという人であれば

  • 10を意味する  một mười (モット ムオイ)
  • 20を意味する  Hai mười   (ハイ ムオイ)
  • 50を意味する  năm mười(ナン ムオイ)

だけ覚えてけばいいでしょう。

ベトナムの物価ってどうなの?

ベトナムの物価はどの程度なのでしょう。

観光で訪れるだろう場所でかかる費用をまとめるとだいたいこんな感じになります。

ホテル 1000円〜7万円(5つ星)
ホステル(安宿) 300円~1250円
ローカルレストラン 100円〜250円
観光客向けレストラン 500円〜3000円
コーヒー 25円(ローカル店)〜300円(チェーン)
ミネラルウォーター 500ml 15円(スーパー)〜25円(雑貨店)
コーラ 500ml 40円〜50円
インスタントヌードル 15円〜200円
高速バス ハノイ→ダナン 1500円
タクシー 1キロ50円

ベトナムは物価がかなり安い国として知られていて、ベトナムは5万あれば1月過ごせるなんて言われることがありますが、確かにこれは事実。多くのフリーランスや起業家などがこの安さを存分に生かしてベトナムに長期滞在しています。

実際自分がベトナムで長期滞在した時も、ホステル暮らして食事はレストランという生活をして1月の予算が4〜6万円程度でした。

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/12/旅ネズミ顔アイコン.png” name=”ゆーと” type=”l”]半年間で一番安かったのは、超ど田舎で食べた小さい揚げパン1つ2000ドン(10円)かな。物価はとにかく安いよ[/voice]

実際にベトナムドンを使う時の防犯対策

さてベトナムドンについて理解してもらったところで、実際に現地でベトナムドンを利用する際に気をつけたいことを見ていきましょう。

  • 高額紙幣を使う場所は選ぼう
  • 高額紙幣と少額紙幣は分けて所持する

高額紙幣を使う場所は選ぼう

ベトナムでまず気をつけたいのは高額紙幣の取り扱いです。

お話したように一番大きい50万ドンですら日本円で言えば2500円なので、あまり高額紙幣と言われてもピンと来ないかも知れません。

画像ベトナムでは50万ドンは高額紙幣だ

ただ大学卒初任給でも6百万ドン(3万円)から8万ドン(4万円)程度であるベトナムの経済状況を考えると50万ドンはかなりの高額紙幣です。

使おうとして、お釣りがなくて使えないってこともありますが、お釣りをごまかされるなんてことも結構あったりします。

一番の対策は、高額紙幣を使う場所は選ぶことです。

基本的に釣り銭不足や、ぼったくり、釣り銭のごまかしにあいやすいのはローカル向けのレストラン市場土産物店など。

フエの市場にはローカルが集まる。食事もできるがぼったくり価格でコストパフォーマンスはよくないフエの市場。こうした観光地にある地元向けの施設ではぼったくりに会うことも多い

こんなケースはゴロゴロあります。

ただホテルスーパーマーケットなど値段が表示されていて、レシートがもらえる場所では、釣り銭不足やごまかしはまず起きないので、こうした店で高額紙幣を使っておき、お釣りとしてもらった小額紙幣をローカル店舗用に残しておくのも一つの手。

画像ハノイのショッピングモールハノイにあるイオンモール。こうした店やホテルなどで釣り銭がないことはまずない

もちろんローカルの店でも近所を回ってお釣りを調達してくれるようなところもあります。あくまで可能性の高さの問題です 。

銀行で5万ドンに変えてしまう

あらかじめ銀行で高額紙幣を小額紙幣に両替しておくのも一つの手です。

ベトナムドンで一番どんな状況でも使いやすいのは5万ドンです。

銀行の窓口なら手数料なしでベトナムドンを崩してくれるので、時間がある時に高額紙幣を5万ドンに変えておくと使い勝手はかなりよくなります。ただ1万円(200万ドン)でも40枚の札束になってしまうので、10万ドンを混ぜるくらいのがいいかも。

銀行員とは言っても、英語は必ずしも通じません。

ただ言葉はわからなくても、高額紙幣と5万ドンを交互に見せれば意図は伝わります。手数料は無料。

高額紙幣と小額紙幣はわける

もう一つ心がけたいのは高額紙幣と少額紙幣を分け、可能なら二つの財布に分けて持ち歩くってことです。

これは紙幣を間違えないようにするためあとは泥棒に目をつけられないためという二つの理由があります。

紙幣を間違えないようにする

日本人でならお札を間違えるなんてことないですよね。

野口さんと、福沢さんは見た目も色も全然違いますから。間違う要素ありません。

でもこのベトナムドン。どの紙幣に乗っているのもホーチミンなんですよね。

ベトナムドンの写真ベトナムドンのお札に入っているのは、すべてホーチミンだ

ホーチミンっていうと、アメリカを追い出して国を統一させた英雄で、ベトナム最大の都市ホーチミンも彼の名前からとってるくらいのバリバリ英雄なわけですが

何を思ったか、お札を全部、このホーチミンにしちゃったもんだから、もう紛らわしくて仕方ありません

特に、2万ドンと50万ドンは色がよく似ていますし、10万ドン50万ドンはデザインがよく似ています。

ベトナムドン50万ドンと10万ドン色調を調整した写真での50万ドンと10万ドン

見てください、この二枚のお札。

自然光で見た時の50万ドンと10万ドンは一見見分けがつきにくい写真の色を修正していない50万ドンと10万ドン。見分けはつきにくい

これは今書きながら財布から取り出して撮ったものですが、修正していない状態の写真だとこの通り。色もデザインも超似てますよね。

50万ドンと10万ドンでも価値は5倍も違いますし、借りに2万ドンと間違えてしまえば25倍払うことになってしまいます。

もちろん間違えて差し出したとしても、指摘してくれる人のいいおばさんやおじさんも、いるにはいます…ただ

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/12/旅ネズミやれやれ顔アイコン.png” name=”ゆーと” type=”r”]僕が5万ドンのフォーを食べて、50万ドンを支払った時は、札を間違えたと思ったのか2万ドンしか返そうとしなかったよ…[/voice]

ベトナム紙幣、50万ドンと2万ドン25倍価値の異なる20万ドンと2万ドン

その時はこちらがわかっていたので、問題にはならなかったですが、間違えてだしてたとしたらごまかされてたかもしれないですよね。

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/12/旅ネズミ顔アイコン.png” name=”旅ねずみ” type=”r”]だからおすすめは財布を分けること!僕は10万ドン以下と20万ドン以上で財布をわけていたよ![/voice]

 

財布を分けることで防犯対策にも

ちなみに財布を分けておくことは、防犯対策にもつながります。

ベトナムは凶悪な犯罪こそ多くありませんが、ひったくりやスリなどはよく発生します。こうした犯罪者たちは店での支払い時などに、財布にどの程度のお金が入っているか観察して獲物を探しているなんて言われています。

だから観光にきた日本人が人前で堂々とお金を広げて一枚一枚数えていれば、もう「盗んでください」と言ってるようなもの。ローカルの店では少額財布でささっと払い。大きなお店で高額紙幣を崩す。これが一番楽な防犯対策と言えますね。

ベトナムにチップ文化ってあるの?

最後に外国に行くと、チップを渡さなければいけないはず!!と思う人は多いと思います。

ベトナムにはチップ文化があるのでチップを渡しやすいように準備しましょう、なんて書いてるサイトもありますね。

でも文化的にはほとんどチップの文化はありません。もちろん旧南ベトナムだったホーチミン市を中心とした南部地域のさらに一部では、アメリカ式のチップを外国人に要求するってことはありますが、まぁそのくらい。

中部や北部などには広まらなかったため、ハノイやダナンなどに行く場合にチップのことを気にする必要はまずありません

ベトナムドンを用意するにはどうするのがベスト?

ベトナムでドンを準備するには大まかわけて

  • 日本円をドンに両替する

方法と

  • 現地のATMを使って引き出しやキャッシングを行う

方法の二つがあります。

日本円をドンに両替する

まず基本的に通貨の価値に差がある場合、通貨が弱い国で両替したほうが圧倒的にお得です。

今回の場合は、ベトナム国内で両替した方がお得。最終的な価格が最大で15%以上も違うこともありますね。

空港の両替所と町の両替所はどちらがお得?

さても日本円で持ち込む場合、空港にも両替所はありますが、レートはあまり良くないので、市街地に行ってから両替所を探すのがベストです。

ベトナム国内では、銀行などでも両替をすることができますが、貴金属を扱っているお店がレートがいい場合が多いです。レートは日によって異なるので、いちばんいいレートを探すには幾つか店を回って比較するのがいいでしょう。

[aside]現金をベトナム国内に持ち込む際の注意点
ベトナム国内に現金を持ち込む場合、5000アメリカドル以上の現金を持ち込む場合には申請が必要です。 [/aside]

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/12/旅ネズミ顔アイコン.png” name=”ゆーと” type=”l”]現金を持ち込んで両替するなら、街の中の金行で両替するのが一番レートがよくなるね![/voice]

現地のATMから引き出しやキャッシングを行う

現金で持ち込む方法はもっともわかりやすい方法ではあります。

でも問題なのは現金の場合、盗まれた時にほぼ泣き寝入りしかできないことです。しかも地方では日本円からベトナムドンへの両替ができる場所が少ないですからね。観光地に行ってからお金が足りないということも結構あるんですね。

なので僕がやっていたのは、現地のATMで現金を引き出すって方法です。

ベトナムのほとんどの銀行は、VISAやMASTERカードなどと契約しているので、どこのATMでもほぼ普通にお金を引き出せるし、キャッシングもでるんです

ベトナムでATMを使うなら、クレジットカードか国際キャッシュカードベトナムのATMで使えるVISAのカードとPLUSマークの入ったキャッシュカード

ベトナムで国際キャッシュカードを使う

海外ATMを使う方法としてはまずPLUSCIRRUSなどの国際キャッシュカードを使うって方法があります。

国際キャッシュカードだと、提携している銀行のATMであれば直接自分の銀行口座からお金を引き出せるっていうシステムなので、旅行前に旅先で使うための口座を作ってお金を管理しておけば使いすぎてしまうことはありません。お金の管理はしやすいですね。

ただ交換レートが銀行のものなので、ちょっと日本円からベトナムドンに変えるレートは悪いって言われることもあるかな。

ワーホリでニュージーランドやオーストラリアに滞在した人や、タイなど海外で銀行口座を開設した人であれば現地で発行されたキャッシュカードがそのまま使えます。

ただ日本の銀行はCirrusなどに加入している銀行が少ないので、あまり選択肢がありません。

僕の場合は、楽天銀行が国際キャッシュカードに提携しているので、それを使っています。

ベトナムでクレジットカードを使ったキャッシング

クレジットカードでのキャッシングは利息こそ発生しますが、両替のレート自体は割がいいことが多いです。

とは言え、利息と言ってもキャッシングの利息は年利18%程度が一般的なため、例えば現地のATMで3百万ドンを引き落とし、これを1万5千円として計算した場合

15000×0.18÷365

で利息は1日7円程度の利息となります。

これが返済日まで毎日かかるのでベトナムに2週間滞在、帰国後に返済するとで100円の利息ってことになります。まぁ、それほど大した額じゃありませんね。

さらに繰上げ返済をすると、返済額をその日までに抑えられる場合もあります。その場合、かかる利息は本つに数十円ですむので、お得。

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/12/旅ネズミ顔アイコン.png” name=”旅ねずみ” type=”r”]色々試したけどセディナカードと、楽天銀行を組み合わせてネットで繰上げ返済がレートは一番お得かな?[/voice]

ベトナムATM利用の問題点

ただキャッシングでも国際キャッシュカードでも気をつけないといけないのが、ATM手数料です。

ベトナムに限らず、東南アジアでATMを使用する際には使うたびにATMの手数料がかかります。手数料の金額は結構まちまちですが、2万ドン(100円)程度のものから、9万ドン(450円)の手数料がかかるものまであります。

おすすめは手数料が2万ドンですむAgribank。他の銀行より多い300万ドンを引き出せるATMが多く、手数料が2万ドン、支店が田舎を含めてベトナム中にあるので一番使いやすいでしょう。

[voice icon=”https://www.tabigurashi.com/wp-content/uploads/2017/12/旅ネズミ顔アイコン.png” name=”旅ねずみ” type=”r”]どっちにしても、現金は盗まれたらどうしようもないし。なにかしらカードは持ってったほうがいいよ![/voice]

まとめ

ベトナムは桁が多く計算の難しい通貨です。

でも現金社会であるベトナムではお金の使い方は、行く前に覚えておいたほうがいいでしょう。

200ドンが1円と日本円との差が大きなベトナムドンですが、2桁減らして半分にする3桁減らして5をかけるというような簡単な計算でベトナムドンでの計算することはできます。

ベトナムは比較的治安はいいものの、日本に比べれば窃盗などの犯罪の被害は多い国。僕は現金は二つに分けるなど、対策をとるようにしています。お金はベトナムに限らず海外では命綱。パスポートを紛失した時などにも現金が必要になります。最悪の自体に備えて複数の現金確保手段を用意しておくことは欠かせません

複数の財布を用意し、現金やクレジットカードや国際キャッシュカードなど複数の現金調達手段を用意しておくなどの安全策をとっておくことをおすすめします。