ベトナム

ベトナムの超快適なフリーWifi事情をまとめるよ

ベトナム行くけどWifi使える?って気になりますよね?

電子航空券やGoogle Mapなど、もはやスマホは旅には欠かせない道具の一つになりました。でもそんなスマホもネットがなければ魅力は半減。写真もシェアできなければ、予約サイトで安く泊まることもできないですからね。

でも普段使っているデータが使えない国外、どうしてもネット接続はWifi頼みという人も多いでしょう。

東南アジアの国ベトナム。

なんとなく文字面とかだけ見ると「ネットとか繋がりにくいんじゃない?」と思ってしまうんじゃないかと思います。

じゃあ実際どうなのか?ベトナムの南から北まで走破した、僕の経験からまとめます。

ベトナムのWifi事情

さてベトナムのWifi環境ってどんなもんなんでしょう。

自分の印象をまとめると

  • 多くのお店にフリーWfiがあり、ネット接続に困ることがない

のは素晴らしい点ですが

  • セキュリティの面で不安がある

とも言えそうです。それでは順にお話していきましょう。

ベトナムのフリーWIfiはどこで使える?

ではベトナムではどこでフリーWifiが使えるのでしょうか。

自分が北から南まで旅した経験では

ベトナムでは、もうどこでもWifi使えるよ!!

と言うことができます。

ベトナムではホテルやスタバなどの外資系のカフェはもちろん、地元民向けのカフェレストランまで「お金を払って入るようなお店のほとんど」で無料でWifiを使うことができました。

これはベトナムは平均年齢が30歳を下回るほど若い人が多いベトナムでは、スマホの普及率が非常に高いことがその理由。ベトナムのデータ通信は日本人にとって非常に安いものですが、現地の若者にとっては負担が大きくあまり契約している人がいません。

そのためスマホは家やフリーWIfiがある出先の店で使います。こうして客を呼び込むため、店側はWifiを設置するようになったんですね。

ベトナムのホテルでWifiは使える?

高級ホテルやバックパッカーはもちろん、現地人向けのニャギと言われるモーテルなどでもWifiはほぼ100%無料で使えます。

タイなどではWifiは有料というところも多かったりするのですが、ベトナムの場合はこれまでWIfiが有料のところとは出くわしたことはありません。

大概は室内にWifiのパスワードが貼ってあって、それで使ってWifiを利用するという形が多いです。

Aurora Riverside hotel Villaの室内

ただ安宿の場合自室ではWifiが弱いということもあります。

調べ物などがっつりネットを使いたい場合には、あらかじめ回線の調子を確認させてもらったりしたほうがいいかも知れません。

レストラン・カフェでWifiは使える?

さすがに屋台などではWifiを用意していないことが多いですが、店舗のあるレストランやカフェでほぼ間違いなくフリーWifiが使えます。

これはスタバなどの外資や、チェーンのコーヒーショップに限らず、地元向けのカフェなどでも同じ。だいたいどこでもwifiを用意しているのです。

これはIT業や旅人が多いベトナムでは、カフェはノマドや、フリーランスらの仕事場としても機能しているためです。WIfiを見ないとすれば、完全に地元の労働者向けに営業している定食屋くらいのもの。

ネットが使えて、クーラーが効いたカフェは若い人たちの憩いの場所にもなっていて、長時間滞在しても文句を言われることはまずありません。

ベトナムのカフェはWifi使い放題

とりあえず外出時にネットが使いたいとなったら、カフェに入るのが確実と言えそうです。

空港ではWifiは使える?

空港にはフリーWifiが設置されています。空港に関してはログイン式のものが多いため、電波さえ拾えればすぐに接続することができます。

説明書きは最初はベトナム語ですが、英語にも切り替えることができるため、表示を切り替えたのち、Connectと書かれたボタンを押すことでWifiに接続できるタイプのものが多いです。

ただたくさんの人が同時に使っているためか、速度についてはあまり期待できません。写真などを送ったりする場合には、空港内のカフェなどが別にWifiを用意しているので、そちらを利用するのがオススメ。

ちなみにベトナムの空港は、タクシー、偽SIMなどぼったくり詐欺が多い場所です。しっかり下調べをしてから行動を始めましょう。

高速バスでネットが使える?

ベトナムではホーチミンやハノイ市内など都市内の路線バスやその停留所にはWifiはないケースがほとんどです。

しかし都市間を移動する都市間高速バスや大型のバスターミナルではWifiが搭載されているところが多いでしょう。

パスワードは車内に張り出していることが一般的ですが、集金にくる車掌にスマホを渡してパスワードを入力してもらうものもあります。

ベトナムの高速バスの中にはトイレがついたものもある

ただWifiが使えるわりに電源プラグは使えないので、僕はモバイルバッテリーを持ち込んで充電しながら使っていました。移動中に調べ物や映画を見たいというような人はモバイルバッテリーを一つ持って行くことをオススメします。

電車でフリーWIfiは使える?

駅にはフリーWfiが設置されていますが、自分が数度乗った限りでは鉄道内にはWifiは積まれていませんでした。

ベトナムの寝台列車にはWifiはない

バスとは真逆にコンセントはあるので、どうしても鉄道が使いたくて車内でネットが使いたいなら、レンタルWifiか現地でSimカードを購入してネットに繋げる必要があります。

ベトナムのフリーWifiって安全?

このようにベトナムでは様々なところかなり自由にフリーWifiが使えます。

ただベトナムの場合、フリーwifiはログイン形式などではなく、パスワードが壁に書かれているような形です。これはそれこそ店内に入りさえすれば使えるので、セキュリティなどの面ではあまりおすすめできないという人もいます。

というのも不特定多数の人が接続している無料Wifiでは、通信内容を傍受されて、個人情報が抜かれてしまう可能性も0ではないというのです。

自分はさほど心配せずに使って来て、トラブルが起こったことはありませんが、確かに不安はわかります。

では安全な接続をするためにはどう言った手段が取れるんでしょうか。

ベトナムで安全にネットに繋ぐためのアイディア

ベトナムで安全にネットに繋ごうと思ったら以下にあげる3つの手段が考えられます。

ベトナムで安全にネットに繋ぐ方法
  • 現地で格安のSIMカードを購入する
  • 海外用レンタルWifiを活用する
  • VPNを使う

一体どういうことかそれぞれ見て行きましょう。

現地でプリペイド式のSIMカードを買う

間違いなく最も安く済ませることができるのはこの方法です。

現地の電気店で10万ドン(500円)程度で売られているプリペイド式のSIMカードと、チャージ用の電子マネー(3万ドン〜20万ドン=150円から1000円程度)を購入を購入すれば、3GB程度の通信ができる回線を、1000円程度で手に入れることができます。

問題はSIMフリーのスマホを用意する必要があることと、ローカルの電気屋では英語も通じないスタッフも多く、Google翻訳やベトナム語を活用して契約しなくてはいけないこと。

ただSIMフリーのスマホを持っていて、多少めんどくさくてもとにかく安く済ませたいという人には、この方法が最もリーズナブルな方法と言えます。

レンタルWifiを使用する

自分用の回線を格安で持つ方法は魅力的だけど、ベトナム語を使って店員と話すのは自身がない、という人は日本語で契約して現地で使うことのできるレンタルwifiを検討して見るのもいいかも知れません。

レンタルWifiは、日本にいる間に契約ができてついたその瞬間からWifiが使えるというのが一番のメリット。ベトナムで旅行者がもっともぼったくりや詐欺などの被害に会いやすいのは空港ですが、空港での時間やホテルにつくまでの一番不安な時間をネットに接続できるのは安心でしょう。

ただやっぱりネックになのは、安い会社でも一週間で5000円以上かかるという通信料金。ただ日本で用意できて、安全に使えるというメリットは大きいので、安全のためならば多少の出費は気にしないという人なら検討してみてもいいのかも知れません。

VPNを使って接続する

せっかくフリーWifiがあるならそれを生かしたい。でもセキュリティは気になるという人におすすめなのがVPNを使う方法です。

VPNはVirtual Private Networkと呼ばれるもので、簡単に言えばフリーWifiのような公のネットワークの中に、自分専用のネットワークを作りあげるシステムのことを言います。フリーWifiの中に自分専用の回線を用意するようなものなので、そのまま普通にネットに繋げるのに比べて安全性は高くなります。

中国などのようにネットに制限をかけている国で、普段通りネットが使えるようになると言うメリットもあるので、スマホとラップトップなどネットの使用頻度が高い人や、ベトナムから中国の国境を超える予定がある人などは検討してみてもいいでしょう。

ベトナムで使えるVPNリスト

どれを使用すればいいのか

では一体どういう方法を使えばいいのでしょう。

自分の場合、現地に長期で滞在すること、言葉の問題がなかったためにS現地でプリペイドSIMを購入する方法を選びました。値段だけで見れば、これが間違いなく最も安い方法です。

ただ言葉に不安がある人で、それほど長期間の滞在ではないという人ならばレンタルWifiを使うという方法もあります。もっともぼったくりが多く、SIMカード販売ですらぼったくりってくる空港について即使えるのはメリットです。

しばらく長期の旅になり、中国などネットに制限のある国にも行く予定があるという人であればVPNが良さそうです。

  • 言語に自信がある、とにかく安くあげたい→現地SIMカード
  • お金は多少かかっても安心をとりたい→レンタルWifi
  • 複数の国に行く予定がある→VPN

まとめ

ベトナムのWifiは非常に整っています。

特にフリーWifiを使える場所、多さ、使い勝手の良さで言えば日本よりいいんじゃない?と思うほどです。

ホーチミンやハノイなどの都会であれば、データ通信が使えない状態にあったとしても、カフェに飛び込めば間違いなく使えるので、ネットで困ることはないでしょう。

ただ誰にでも使えるフリーWifiはセキュリティに不安を持つ人もいるでしょう。

どの方法が自分のスタイルに一番あうのか、を考えた上で、どの方法が一番自分たちに向いているのか、考えていきたいところです。