Uncategorized

本沢温泉に日帰りで行ってみた!八ヶ岳の秘湯は人は選ぶが行く価値あり!

長野県は八ヶ岳の裾野、2000メートルを超える地点に雲上の湯とも言われる「本沢温泉」があります。

車ではそのままたどりつくことができず、およそ2時間半ほど歩かないとたどりつくことができない温泉。山好きであり、温泉好きでありながら、なかなか足を運ぶことがありませんでした。

実際に足を運んでみると、なかなかにハードルが高い部分もあるものの、体を動かすのが好きで温泉好きな人であれば一度は行っておくべきとも言えるような素敵な場所でした。

今回はそんな本沢温泉について紹介します。

本沢温泉訪問記

今回自分が訪れたのは11月の上旬。

本沢温泉入口駐車場に車を置いてのスタートでした。こちらの駐車場には2021年11月現在トイレなどは設置されていなかったので、前日から車中泊などはしにくそうな感じですね。

入り口地点には大きな看板で本沢温泉入り口の表記があります。この看板から先は砂利道になっていて、四駆の車に乗っている人であればこの先も車で進むことはできるみたい。

ここからゲートまでは4WD車で10分。徒歩で1時間半との表記があり、ついつい車でいきたくなってしまうところ。実際中継地点くらいまでならば二駆でも行けなくもなさそうな感じではあるんですが…途中から道幅も狭く結構急勾配でざれた道になるので、四駆意外の人は最初から素直に徒歩で行くのが良さそうです。

中間地点までは二駆でもいける可能性はあるが、歩いたほうが無難
看板から先はこの程度の道幅しかない

中継地点からは道がまたグッと狭くなり、すれ違いをするスペースもないほど。四駆であっても長い距離をバックで移動することになりかねないことは覚悟の上で進まなくてはなならい

本沢温泉の登山口ゲート登山口のゲートには6台程度車が止められそうなスペースがある

そんな細い道を通ると小さなゲートがあります。ここからはいよいよ歩きでしか行けません。駐車場も10台とは言わないまでも5、6台は止めるスペースがあるので、こちらに停めて進みましょう。

ゲートより後の登山道登山道は整備されていて歩きやすい

ただゲートから先の登山道も、荷運びのための特殊車両などが入るためか綺麗に整備されているので歩きやすい平坦な道になっています。

唯一登山道らしい道があるところといえば、整備中で迂回路が設置されている部分くらいのもの。ここにしてもしっかり木で補強されているので、非常に歩きやすくなっています。

 

そんな道をさらに1時間ほど歩くと、本沢温泉に到着です!

野天温泉へ

さて2時間以上かけて本沢温泉に歩いて来ましたが、野天風呂へはここからさらに10分ほどあるかなきゃ行けません。

こちらで入湯券を1000円で購入し、歩き始めます。

方向としては硫黄岳方面。道の端に野天風呂の看板が出ているので迷うことはないでしょう。

 

看板に従って歩いていくと、おぉ見えてきたー!

堂々とした硫黄岳を仰ぎ見る開放的な景色の中にある開放的な野天風呂!ここが雲上の湯本沢温泉です!

乳白色の硫黄泉。硫黄の匂いも鼻にツーンとくるほど強いわけではありませんが、湯上がりの肌にしっかり匂いがつくほどには硫黄の匂いが香ります。

脱衣所もロッカーもなく湯船だけ。目隠しになるような場所もないのでと女性にはかなり入るのにはハードルが高そうな感じ。ただお湯自体はかなり老い乳白色なので、お風呂に入ってしまえばみられることはなさそうです。

水着とか着てくるなら、あらかじめ着替えてくるのが良さそうかな。

お湯自体は40度前後で熱すぎて入れないということはなかったです。ただ山からの吹き下ろしの風が結構あるので、秋以降はお風呂をでた後の湯冷めに要注意…!ですね。

今回歩いてやって来た本沢温泉。お湯自体、最上級というほどではないまでもかなりレベルが高く素晴らしい景色も楽しめる開放感とで、満足できる温泉でした。

ただ2時間半ほど歩くこと、脱衣所がないこと、日帰り入浴がそこそこ高いのを考えると誰にでもはおすすめできる温泉ではなさそう。それでも温泉好きな人であれば一度は訪ねてみてもらいたい温泉でした。

今回自分が訪れたタイミングでは別館にある石楠花の湯や内湯には入れなかったので、また機会を見て入りにいきたいと思っています。

■■2つ目の広告タグを挿入(PC表示用)■■

本沢温泉データ

本沢温泉

所在地:長野県南牧村町

電話:090-3140-7312

公式サイト:八ヶ岳湯本 本沢温泉

入湯料:内風呂・石楠花風呂・野天風呂 それぞれ1000円